メイン

「スロウライダー」のアーカイブ

2008年9月 6日

スロウライダー「トカゲを釣る -改-」を観てきました。

いつものように会社の先輩岡村さんと。

今回の舞台も楽しませてもらいました。

いつものスロウライダーよりも、ストレートで分かりやすい内容でした。

SPに出ていた中川さんが良い味だしてました。

立ち振る舞いや声の雰囲気が独特で、引き込まれますね。

「キラーチ○コ」はつぼにはまったなぁ。

帰りに岡村さんと、「フライング・キラー・チ○コ」って小説書いてくださいよ、なんてくだらないことで盛り上がりましたよ。

そういえば、当日パンフを観たら、スロウライダー常連の日下部君が矢口監督の映画に出るみたいでしたよ。すごいなぁ。

日曜日の当日券もあるようですので、興味がある方、当日新宿に行く予定がある方は是非観てみてください。

おもしろいですよ。

slowrider.net » Next Stage

2008年9月 4日

スロウライダー「トカゲを釣る -改-」

僕がWebマスターをつとめている劇団スロウライダーの公演が、新宿THEATER/TOPSで始まっています。

slowrider.net » Next Stage

今回は、以前に上演された「トカゲを釣る」という物語の再構築(リビルド)。リメイクみたいなものですね。

公演は日曜日までやっていますので、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください!

2008年1月27日

投げられやす~い石

ジェットラグの「投げられやす~い石」という舞台を観てきました。

場所は新宿ゴールデン街劇場。ゴールデン街ですよ、有名な。

昼の回を見に行ったので、お店は閉まっていましたが、ゴールデン街の店並みは見ることができました。雰囲気ありますね。

<あらすじ>(公式サイトから)

美術学生時代に「4、5年に1人の天才」と言われた佐藤。
その親友の山田は佐藤に憧れていた。
絵を描けばキャンバスを破って燃やし「燃えていく様が作品だ」と言い、
彫刻にトライすれば「今目の前にある木々に勝る芸術はない・・」と
遠い目をする。
そして山田の憧れであった大学のマドンナ、美紀も佐藤は恋人としていた。
そんなある日、佐藤は忽然と姿を消す。
「海外に修行に行った」、「あまりの芸術性の高さに発狂した」
憶測が飛び交う中、佐藤から山田にだけ、連絡が入る。
「ある不治の病にかかった。誰にも知らせないで欲しい。」
そして2年の月日が経ったある日、佐藤から呼び出される山田。
待ち合わせ場所に向かった山田の前に、変わり果てた佐藤が現れる…。

おもしろかったです。

リアルなんだけどシュールで、悲しんだけど可笑しいっていう感じの不思議な舞台でした。

コンビニの店員および死に神役として登場してきた役者さんがいて、どこかで見たなーと思っていたんですが、ある瞬間「あ!SPに出ていた人だ!」って気づきました。エピソード3に登場していた殺し屋の人でしたよ!SP大好きっ子の僕にとってこれはすごいサプライズ。

終演後にちょっとだけお話することができたので、「おもしろかったです!」って伝えたら喜んでいただけたようです。

4人芝居で、小屋も小さく、上演時間も1時間15分と、コンパクトな舞台でしたが、才能がぎゅっと詰まった舞台だったと思います。

2007年11月20日

スロウライダー第10回公演「手オノをもってあつまれ!」

高校の同級生が脚本・演出を手がける劇団スロウライダーの公演が、来年1月にあります。

スロウライダー 第10回公演「手オノをもってあつまれ!」

お正月ということで、東京の方にいらっしゃらない人も多いかとは思いますが、お時間のある人は是非足を運んでみてください。

ちなみに、サイトの方ではすでに予約販売が開始されていて、12月1日までに予約した人には、劇団グッズのプレゼントがあるそうです。

また、今回は週に1回のペースで数分のショートドラマを配信することこなりました。こちらの方もお楽しみください。

2007年3月19日

スロウライダー「Adam:ski」公演中!

僕がWebマスターを務める劇団スロウライダーの舞台「Adam:ski」が、三鷹芸術文化センターで公演中です。

先日の土曜日、公演を見てきました。

身内の僕が言ってもあまり説得力がないかもしれませんが、超おもしろいです。自信を持っておすすめできます。

今回の物語は、ある民俗学の学者の死語、彼の「自伝」を書くことになった内弟子達の物語。それぞれの「先生」の姿を胸に秘めている内弟子達は、それぞれが「自分」の先生こそ「本当」の先生の姿だと主張し、自伝の内容について争います。そこへ、ある男がやってきて・・・。

あー、なんかあらすじ書くのがもったいないです。

前情報なく、緊張感あふれる役者の演技や、舞台ならではの空気、ライブ感を味わって欲しい舞台です。

身内の僕ですら、最後のシーンで思わず背筋がぞくぞくっとしてしまいました。

演劇なんて見たことないという方でもおすすめ。21日(祝)や22日(土)、23日(日)のお休みの日にもやっているので、是非見に行ってみてください。後悔はさせません。


スロウライダー「Adam:ski」
作演出 山中隆次郎
2007年3月16日~25日
三鷹市芸術文化センター 星のホール
【日程】
2007年3月16日(金)~25日(日) 計11回公演
3/16(金)19:30☆
3/17(土)19:30
3/18(日)15:00/19:30
3/19(月)休演日
3/20(火)19:30☆
3/21(水・祝)15:00☆
3/22(木)19:30☆
3/23(金)19:30☆
3/24(土)15:00/19:30
3/25(日)15:00

☆印の公演は、終演後に山中隆次郎と以下の出演者との対談があります。
16日/タニノ クロウ(庭劇団ペニノ主宰)
20日/高橋 洋(脚本家・映画監督)
21日/古澤 健(映画監督)
22日/高橋敏夫(文芸評論家・早稲田大学文学部教授)
23日/冨永昌敬(映画監督)

【全席指定】
[前売] 会員=2,500円 一般=2,800円
[当日] 会員=2,800円 一般=3,000円
高校生以下=1,000円(前売・当日とも)

詳細は、slowrider.net にて。

2007年2月20日

スロウライダー「Adam:ski」のFlashを公開

先日「スロウライダー打合せ@有楽町 (くりす流)」で紹介したスロウライダーの次回公演ですが、今回の「Adam:ski」用のホームページを公開しました。

今回は音も付けてみました。

slowrider.net --- next stage

初演を見たときの恐怖感が忘れられず、そのときの印象がそのままコンテンツになっています。

ちなみに、オープニングで「アダムスキー」と喋っているのは僕です。

家族に聞かれると恥ずかしいので、録音機持ってベランダで録音しました。

録音後、音声を加工してこんな声になっています。

2007年2月14日

スロウライダー打合せ@有楽町

有楽町で、スロウライダーの次回公演Webサイトの打合せをしてきました。

稽古はすでに始まっていて、チラシもかっこよく出来上がってました。

公演の詳細は以下の通りです。

2007/3/16~2007/3/25
三鷹市芸術文化センター 星のホール
チケット(全席指定)
一般前売り:2,800円
一般当日:3,000円

出演/
山中隆次郎
數間優一
日下部そう
夏目慎也
渡辺いつか

金子岳憲
板倉チヒロ
村上聡一
山口奈緒子
竹井亮介

2004年に上演され、好評だった舞台「アダム・スキー」の再演となります。

この頃はまだ一般観客として見に行ってました。内容を知らされずに見に行った妻は、「怖いな、これ」と舞台途中でぽつりとつぶやき、クライマックスでは僕もぞくっと鳥肌が立った記憶があります。

三鷹芸術文化センターの良い劇場でやるので、興味がある方は是非足を運んでください。

さて、急いでWebサイトを作らないと。