メイン

「育児 2008」のアーカイブ

2008年11月 1日

京都市動物園

京都市動物園に行ってきました。

http://d.hatena.ne.jp/chris4403/20081101

行きはバスを使って、帰りは地下鉄だったんですが、地下鉄の方が早くて楽ちんでした。

動物園では車の形をしたベビーカーを借りて、ご満悦の長男。

次男も終始機嫌良くしていてくれました。

小さな動物園でしたが、適度に賑わっていて、のんびり楽しめましたよ。

2008年10月 9日

あのねー

息子のくちぐせなんですが、何かしゃべる前に「あのねー」って言うんですね。

それが、女の子っぽくてまたかわいらしい感じなんです。

そんな長男も、そろそろ「なぜなぜ期」に入りつつあります。

「○○しちゃだめだよ」というと、「なんでー?」と返ってきます。

何かを話して聞かせるときは、ちゃんと親が理由を分かっていないと、「なんでなんで」攻撃で困ることになりそうです。

2008年10月 7日

次男もすくすくと成長しています。

そういえば次男のことを最近書いていませんでした。

すくすくと成長して、つかまりだちをするようになりましたよ。

あとは、よくものをしゃぶってますね。長男のおもちゃとか。

で、それを見た長男が「やめてー」とかいって、押し倒したり、たたいたりしてけんか、というかいじめになっちゃうというのが割とよくあるパターン。

小さな子をいじめちゃだめだよと怒っても、そのときはしゅんとなって反省した風の長男ですが、すぐに同じことを繰り返しちゃうんですよね。困ったもんだ。

2008年9月24日

長男3才の誕生日

今日は長男の3才の誕生日でした。

最近は色んな言葉を覚えて、僕らをどんどん楽しませてくれています。

ご飯を食べているときによく僕が親指を立てて「最高!」ってやってるんですが、それを真似して「サイコー!」と言ってます。実際ものまねされるまで、自分がそういう言葉をしゃべっているって気づかなかったので、新鮮でした。

子供は親を映す鏡っていうのは本当ですね。子供たちが真似しても良いような言葉遣いを僕もしていかないとなぁ。

2008年9月21日

保育園の送別会

引越にともなって、保育園を辞めることになったので、同じクラスのママさんが送別会を開いてくれました。

保育園の近くの自治会館を借りてのちょっとしたパーティーだったのですが、子どもが集まるとすごいパワーですね。

最初圧倒されてしまいましたよ。

普段保育園に送り迎えしてないと、子ども達がどれくらいのパワーをもっているか分からないので、良い経験になりました。

子ども達が集まっているところで、ある子が僕に「やー!」と言って、何か構えをしたので、「よし、こい!」なんて僕も構えたら、他の子ども達が「あ!これは遊んでくれるオトナだ!」と気づいたのか、大挙して押し寄せてきましたよ。びっくりびっくり。

良い想い出になりました。会に参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

2008年9月 5日

パパみたいに

長男とお風呂に入っているときのこと。

身体を洗ってあげながら、

「大きくなったねー」

と褒めてあげると、

「早くオトナになりたーい。パパみたいになりたい」

とのこと。

パパみたいにって、あんた、泣かせるねと思いながら、

「パパみたいにどうなりたいの?」

と聞くと、

「えっとねー。うんとねー。パパみたいにねー。足に髪の毛を生やしたいの!」

だって。

足の毛が欲しいんだってさ。思わず笑っちゃいました。

2008年8月31日

ハイハイ

先週の金曜日から妻が長男と次男を連れて実家に帰っているのですが、このたった1週間で急成長してハイハイができるようになりました。

すげぇぜ、成長。

ハイハイの速度も日に日に上がっているらしく、長男のそばに寄っていっては、長男が「こっちこないで~!」とあわてているのだとか。

長男のときも感じたのですが、子どもの成長ってほんと早いです。

この成長感が自分にも欲しいですね。って、前も書いた気がする。

2008年8月16日

エプソン品川アクアスタジアム

家族でエプソン品川アクアスタジアムに行って来ました。

品川にある水族館なんですが、お盆ということもあって結構混んでいました。入場に10分ほど待ちました(帰るときには待ち行列は1時間待ちくらいになっていたかも)。

都心の水族館だけあって、なかはかなりコンパクト。海遊館的なところを期待していただけに、サイズには少々物足りなさを感じました。

でも小さな子どもを連れていたらあれくらいのサイズの方が良いのかもしれませんね。

せっかくきたからと、イルカのプールで1時間待ってイルカショーも見てきましたよ。

ブーメランのように回転しながらジャンプするとか、人を乗せてサーフィンみたいなことするとか、イルカってすごいですね。なかなかの迫力でした。

イルカショーが始まるまでの間、座席に座って待っていたのですが、長男が飽きてきたのか突然「おっぱいおっぱい」と連呼しだしました。

僕と妻が困った顔をしているのがおもしろかったらしく、調子に乗って「おっぱいおっぱい」とまくしたてていましたよ。

ああいうとき、何て注意したら良いんでしょうね。

2008年8月 9日

長男ヘルパンギーナ

昨日までいたって普通だった長男が、急に熱を出しました。

計ったら39.6度。あわてて病院に連れて行くと、夏風邪のヘルパンギーナだそうです。

抗生物質と解熱剤を処方してもらいました。

病院でも、家でも、いつものハイテンションな様子は見られず。元気がない子どもを見ていると、とても切なくなってきますね。

はやく治ると良いな。

2008年7月31日

カエルの子はカエル

080731_01.jpg

2008年7月13日

遊び隊

地域の子ども達を集めて、小学生や父兄が子ども達向けに出し物をする「遊び隊」というイベントに行って来ました。

開催場所は小学校の体育館。

久しぶりに「夏の体育館」に入りましたよ。

出し物の関係か、暗幕が降ろされ、窓も少し開けられているだけでなかなか外の風が入ってきません。

暑いなぁと僕はぐったりしていたのですが、参加していた子ども達は元気元気。暑さそっちのけで元気に走り回ってましたよ。若いってすばらしい。

演目もバラエティに富んでいて、OHP(なつかしい!)を駆使した読み聞かせ劇やピエロによるジャグリングなど。

会の最後にはかき氷を食べられたのですが、次男も一緒だったので、そこまで待たずに家に帰りました。

夏には近所の夏祭りとかに行けると良いな。

2008年7月 4日

長男が久しぶりに体調を崩す

久しぶりに長男が熱を出して保育園から早退しちゃいました。

お腹にくる風邪のようで、熱が出て、食欲もない様子。

僕の帰りが遅かったのですが、晩ご飯は食べた分、全部吐いてしまったようです。

一度吐いたら、すっきりしたのか、熱もちょっと下がり、寝てくれました。

ここのところ体調が悪くなることが少なかったので、余計に心配でしたが、元気になってくれそうで良かったです。

2008年6月20日

寝返り

次男が、布団の段差を上手く利用して寝返りをうてるようになりました。

いつもとは違う景色を楽しんでいるようです。

080620.jpg

2008年6月16日

びわ

妻の実家からびわが送られてきました。

なんでも、子どもの頃、庭にまいた種から芽が出て、木になったそうです。その木がたわわに実をつけるようになったのだとか。

カラスに狙われていたそうですが、取られる前にちゃんと収穫できたそうです。良かった良かった。

箱いっぱいに詰められたびわの実を見た長男はおおはしゃぎ。

「おおー!すげー!」

とテンションが上がってました。

妻に剥いてもらって、次から次へと口に運んでましたよ。よっぽど美味しかったようです。

2008年6月11日

鼻血ボーイ

一昨日くらいから、長男が鼻血を出すようになってしまいました。

普段は大丈夫なのですが、大泣きしたり、夜寝ていて熱くなると、のぼせて血がどばーっと。

あるときは、寝ている時に大量に血が出ていて、かなり驚きました。

去年も似たようなことがあったので、鼻の中の傷がふさがれば、出なくなるんでしょうが・・・。

ちょっと心配です。

2008年6月 7日

お食い初め

息子が生後100日を迎えたので、お食い初めのお祝いをしました。

お食い初め - [冠婚葬祭]All About

といっても、生後3ヶ月の子が実際にご飯を食べるわけではないです。正式なやり方は上のリンク先に詳しく書かれています。

今回家では、お祝いの料理(鯛とかちょっと高めのお膳)を用意しての会食。義妹にも参加してもらい、わいわい楽しく過ごせました。

次男が産まれてから100日が経過したんですね。あっという間だったなぁ。

これからも無事にすくすくと成長してくれることを祈っています。

2008年6月 4日

ショートコントをする息子

息子が「ホーチョポンチョ」とか言っているので、何のことかと思ったら、「ショートコント」のことでしたよ。

「ショートコント」と言ったあと、「いらっしゃいませー」と柳原可奈子の真似をしたりしてます。

で、↓ビデオを回してみたら、こんなことをやってくれました。

最後の、「ショートコント、おわり」ってのは、多分ピタゴラスイッチの「アルゴリズム体操おわり~」からきてるんだと思います。

風呂場では濡れたタオルをひもに見立てて、「あー!」と西岡すみ子の真似をしていました。

お笑い番組の見過ぎかな・・・。

2008年6月 2日

プリプリ

朝ご飯の用意をしていて、長男が起きてきて「パン食べるよ、パン」というので、皿にぶどうのロールパンと卵とトマトを乗せて渡してあげました。

で僕が台所で、ちょっと片づけをしていると、パンを食べ終わった長男がやってきて、

「パン、もうひとつ食べるよ」

と言います。

はいはい、おかわりね、とパンの袋を持っていったら、

「おかわりするんだから、ここに置いといてよね!」

だって。

なんかその口ぶりがおかしくて笑ってしまいました。

2008年5月 9日

おちもろい

最近おしゃべり上手になってきた長男ですが、たまーに間違った言葉をしゃべります。

やたらとよく聞くのが「おちもろい」。

「おもしろい」のことなんですが、けらけらけらけら笑った後に、「あー、おちもろいねー」というと、それが可笑しくてみんなで笑ってしまいます。

間違った言葉は訂正した方が良いということを聞いたので、「おもしろいでしょ?」と教えると、そのときは「おもしろい」と言い直してくれるのですが、またしばらくすると「おちもろい」になるんですよね。こまったもんだ。

2008年5月 4日

次男動物園デビュー!&妻の実家からの贈り物

連休ってことで、今日は上野動物園に家族でおでかけ。

人多いだろうなぁと思ったら、今日は「みどりの日」で上野動物園は無料開放の日だったので、いつも以上に多かったようです。

次男はこれが動物園デビュー。

長男は1才5ヶ月でデビューだったので、かなり早めのデビューとなりました。

まあ、ほとんどベビーカーの中で寝ていたのですが。

長男は、ゾウとペンギンとキリンを見て満足していたようです。

昼過ぎに帰ってきて、お昼寝した後、妻の実家から初節句のお祝いにおくられてきたおもちゃを開けてみました。

長男には、トーマスの機関車のおもちゃ!木のレール付きの高級品ですよ!

080504_01.jpg次男にはプレイジム。

まだ反応しないかなーと思ってたんですが、下に寝かせたとたん、手を伸ばしてガラガラに触れてました。

080504_02.jpgプレイジムは、長男も食いついてました。

2人仲良く遊んでくれよー。

2008年4月27日

お宮参り

近所の田端八幡神社にお宮参りに行って来ました。

朝方雨が降っていたのですが、出かける頃には雨はやんでくれました。

080427_01.jpg

↑出発前のごきげんな一枚です。

お宮参りに参加したのは、僕と妻と長男と母と義妹。

↓額にちゃんと「大」の字を書きましたよ。

080427_02.jpg雨上がりだったからか、気候も暑すぎず寒すぎずちょうど良かったです。

お宮参りの後は、家に帰ってきて食事。

魚源」で仕出し弁当を注文していたのですが、これがまた絶品でした。刺身とか超美味かったです。また何かの機会に注文したいと思いました。

2008年4月24日

やだやだ

2歳になっても、長男は男の子にしてはおとなしいなぁとおもっていたんですが、ついにやだやだ期がきてしまったようです。

ちょっとでも自分の思っていることと違っていたら、機嫌を悪くして、泣いたり地団駄を踏んだり。

機嫌が良いときは素直なんですけどねぇ。

今日は保育園に連れて行くのが大変だったようで。

保育園に着いてからも、自分のクラスの部屋に入ろうとせず、妻や先生や他の子のお母さんを困らせていたんだそうな。

そんな話を晩ご飯のときに妻から聞いていたんですが、妻が自分のことを話していると分かったのか、ばつの悪そうな顔をしていましたよ。

2008年4月12日

よくばり

長男を連れて児童館へ。

はじめは電車とかで遊んでいたんですが、途中からままごとに。

「パパ、コレ食べて」

と色々と皿にもりつけてくれました。

その結果・・・。

080412_01.jpg自分の好きなものしか入ってないじゃん!

ちなみに、これで餃子脳になってしまい、今日の夜ご飯は餃子になりました。

2008年4月10日

激突

最近長男がやたらとハイテンションなときがありまして。

先日、晩ご飯を食べて、お風呂に入り、もう後は歯を磨いて寝るだけというときになって、急にその状態になってしまいました。

「歯を磨くからこっちにおいで」と妻が言っても、ちょっと離れたところでにやにや。

「おいで」と身を乗り出して捕まえようとすると、さっと逃げて寝室の方へ走っていきます。

で、たたんであった布団にダイブ。

ダイブの仕方も、身を投げ出すような感じで、怪我するとかそんなことまったく考えていない様子。

そんな鬼ごっこみたいなことを何度か繰り返しているうちに、目測を誤ったのか、布団にダイブしたつもりが、壁に大激突。

ドシーン、という大きな音が鳴り響きました。

本人はびっくりだの痛いだので泣いてしまいました。

こうやって学習していくんでしょうが、これがもっと硬い壁だったら、とか考えちゃうとぞっとしますね。

2008年4月 8日

猫村さん風食パンマン

妻から、長男にせがまれてあんぱんまん達を書いたとの写メールが送られてきました。

 

080408_01.jpg

 

猫村さん的食パンマンです。

ちなみに、以前僕の書いたカレーパンマンを「お化け」と言っていた長男。

「ほら!口からカレー出してるじゃん!」という僕の必死の解説のかいがあって、

「お化けは口からカレーぴゅぴゅぴゅって出すの」

と覚えてくれました。

今日も妻の書いたカレーパンマンを見て、

「お化けは口からカレー出すよ」

と言っていたそうです。

2008年4月 7日

全裸マン

なんかしらんけど、今日の長男はやたらとハイテンション。

ご飯の後、お風呂のお湯をためているときに、突然リビングでおむつを脱ぎ始めて、

「おしっこ。おしっこする」

と言うじゃないですか。

あわててオマル(オシムじゃない)のところに連れて行き、またがらせてみたものの、いっこうにおしっこする気配がありません。

「おしっこしないの?」

と聞くと、

「おしっこ、おしっこ、んーーー」

と言って、きばるふりはするものの、全然出ません。

「ほんとはおしっこしたくないんじゃないの?」

と言うと、にやにやしてます。

「はいはい。じゃあおむつはいて」と、おむつをはかせようとすると、「やーーー」と良いながらリビングの方へかけていきます。

それをなんとか捕まえて、はかせてみても、またリビングの真ん中へ行って、こちらの様子を伺いながら、

「パンツ脱ごうかなー」

だって。

どんなお笑い芸人だい。

結局早めにお風呂場に連れて行ってことなきをえました。

2008年4月 5日

図書館までお散歩

家族で、近所の図書館(徒歩15分)までお散歩してきました。

天気も良く、暖かかったのですが、桜はすでに散りかけてましたね。今週を花見のターゲットにしていた人はちょっと残念だったかも。

図書館の児童絵本コーナーに行くと、長男のテンションがちょっとあがって、色んな絵本を楽しそうに見ていました。

トーマスの絵本を持ってきて、ぶつぶつ言いながら勝手な話を作っていたのが面白かったです。

昨日紹介した「ねないこだれだ」の本もちゃんと借りてきましたよ。

2008年4月 4日

ねないこだれだ

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)
せな けいこ
福音館書店
売り上げランキング: 2429
おすすめ度の平均: 4.5
5 うちの子のお気に入りです!
5 怖がるか怖がらないかはその子によりけり
2 幼い子にはどうかと思う
1 子供には怖すぎます。
4 ねないこだれだ

今日長男が妻に、

「おばけの本みんな持ってるよ」

と言ったそうです。

おばけの本とは、上に紹介している「ねないこだれだ」という絵本。

保育園でいつも読んでいて、お気に入りらしいのです。

「○○ちゃんも持ってるよ」

と、ちゃっかり他の子の情報もおりまぜてきます。

Amazonの紹介を読むと、シュールでなかなかおもしろそう。630円だし、買ってあげようかな。

2008年4月 1日

パパの歌

お風呂上がりの息子が上機嫌に歌っていました。

「何歌ってるの?」と聞くと、

「ママの歌」と言って、「お料理作ってくれたねー♪ おいしーよー♪」と口ずさんでます。

「へー、上手だねー。パパの歌はー?」と聞くと、

「んっとね、寝てー♪起きてー♪食べてー♪」だって。

わしゃ赤ちゃんかい!

もっといろいろしとるわい!

・・・エイプリルフールだから冗談だと思いたいです。

2008年3月29日

1ヶ月健診

今日は、次男をとりあげてくれた助産師さんが1ヶ月健診のために家に来てくれました。

次男の体重は約4kg。

産まれたときが2790gだったので、母乳で育てている赤ちゃん的にはかなり快調な成長具合だそうです。

順調で良かった良かった。

来月からは、長男の保育園の送り迎えに連れて行くので、いよいよ下界デビュー。

保育園に立ち寄るので色々と病気をもらっちゃうだろうけど、心配ないでしょうとのこと。

それにしても1ヶ月はあっという間だったなぁ。

2008年3月28日

1ヶ月!

今日で次男が生まれてから1ヶ月がたちました。

あっという間だったなぁ。

次男はすくすくと成長していて、しっかり大きくなっております。

長男も赤ちゃんの存在になれてきていて、最近は自分から触りに行ったり、声かけをしたりするようになってきました。

この1ヶ月は、長男の保育園の送迎を僕が担当して、これまでにない経験をさせてもらいました。

その送迎も4月からは徐々に妻へシフトしていく予定になっています。

4月に入ったら近所の神社にお宮参りに行かないと。

2008年3月26日

まゆなし

なんか次男のまゆが抜けてしまいました。

 

080326_01.jpg長男のときも、産まれたときに生えていた金色の眉毛が抜けた時期があったらしいのですが、そのときは妻が実家に帰っていたので知らないんですよね。

日に日にすくすくと成長しております。

2008年3月22日

公園日和

晴れていたので長男と公園に行って来ました。

公園に着くなり、すべり台に駆け出す長男。

なんども階段をのぼってすべっていました。

で、アスレチックにロープで編み目を作っているところがあって、ためしに「登ってみたら」と言ってみたら、慣れない手つきで登り始めて、なんだかんだで登り切ってしまいました。

080322_01.jpg「すごいねー!」と褒めると、満足そうな顔をしてました。

2008年3月20日

3週間!

次男が産まれて3週間。

すくすくと順調に育っています。

長男は未だに「赤ちゃん怖い」なんて言ってますが、そばに寄っていったり、握手をしたりとだいぶ慣れてきた模様。そのせいか、逆に寝ている次男を踏みつけそうになったりすることもあって、冷や冷やしています。

僕に似て鼻が弱いのか、次男はよく鼻をフゴフゴならしています。

そういや長男も鼻血を良く出してるんですよね。

鼻が弱い家系。

花粉の舞う時期になったら家中でくしゃみと涙が飛び交いそうです。

2008年3月19日

これは何?

言葉もだいぶ覚えてきて、自分の言いたいことが表現できるようになってきた長男。

最近は、色々なものを指しては「これは?これはなに?」と聞いてきます。

中には僕が名前を知らないものも結構あったりして。

先日は、自転車置き場で、一台一台自転車のタイヤを指して「これは?」攻撃。

「これは?」

「タイヤだよ」

「これは?」

「タイヤだよ」

「これは?」

「タイヤだよ」

「これは?」

「タイヤだよ」

「これは?」

「タイヤだよ」

5台くらいのタイヤの呼び方を聞いて、

「全部同じだねぇ」

と納得していました。

2008年3月13日

こましゃくれた表現

今日は長男の口からこましゃくれた表現が飛び出しました。

僕 「今日は保育園で何食べたの?」

長男 「みかん食べたの」

僕 「みかんおいしかった?」

長男 「みかん、すっぱかった。結構、おいしかった」

ん? 結構?

なんですか、その大人びた表現。素直においしかったと言えば良いものを。

最近、以前にも増して言葉の吸収が早い気がします。

2008年3月12日

夜驚症

数日前から続く、長男の夜泣きですが、妻が調べてみたところ「夜驚症(やきょうしょう)」なんてのがあるんですね。

夜驚症(やきょうしょう)とは、睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことである。概ね数分から十数分間症状が続く。夢とは異なり目覚めた時に本人はそのことを覚えていないのが普通である。小学校入学前から小学校低学年の児童に見られる症状であり、高学年以上では稀である。睡眠中枢が未成熟なために起こる症状であると考えられている。

症状としては確かにこれに近い気がします。

まあ、成長と共に自然と良くなるということなので、今の症状が夜驚症だったからといって、何をするわけでもないですけどね。

昨夜はだいぶましな感じだったので、この調子でなくなってくれると良いな。

2008年3月10日

お風呂で背中を洗ってくれました

長男とお風呂に入っていたら、

「パパ洗うの」

といって、背中を洗ってくれました(せっけんのついた手でさすっただけですが)。

なんか疲れがすっと吹き飛んじゃいましたね。

「気持ちいいねー」

と言うと、あとで長男の体を洗ったとき、真似して

「気持ちいいねー」

と言っていました。

 

2008年3月 9日

夜泣きで寝不足

長男が夜、3~4回夜泣きして、はでに騒ぐので少々寝不足です。

泣き叫ぶ内容は、

「ママ、いない~!」

「ママとベッドで寝る~!」

「パパ嫌だー!」

などなど。

起きているときは機嫌良いのですが・・・。

生活の中に赤ちゃんが登場して、色々とストレスになってるんでしょうね。

2008年3月 8日

CMソング

最近、長男がやたらとCMソングやキャッチフレーズに食いつきます。

今日は、

「痛くなったらすぐセデス~♪」

をごきげんよく歌ってました。

僕にもたれかかってきて、ぺちぺち叩いてくるので、

「こらこら、痛いよー」

と言うと、

「痛くなったらすぐセデス~♪」

です。

お風呂に入ったときも、

「あー、これは熱いねー」

と言うと、

「熱くなったらすぐセデス~♪」

でした。

そういや「なめたらあかん」とかも歌ってたなぁ。

2008年3月 7日

出生届を提出

本日役所に立ち寄って出生届を提出してきました。

普段役所にはなかなか立ち寄らないので、こういうことをやると、自分が「区民」なんだなぁと感じます。

その後、育児のサポートをしてくれるヘルパーの説明を聞いてきました。

 

昨日で次男は産まれて一週間が過ぎました。

長男が産まれたときとよく似てるのですが、どことなく違う顔立ちです。これが兄弟なんですよね。

2008年3月 5日

自転車でびゅーん

今日から僕が保育園の送迎をすることになりました。

時間の節約のために、自転車通園。

「保育園いかないー」とだだをこねていた息子も、「自転車でびゅーんだよ」と言うと上機嫌に。

乗っている途中も楽しそうにしていました。

子どもの楽しそうな姿には癒されます。

2008年3月 4日

赤ちゃん怖い

徐々に赤ちゃんに慣れつつあると思っていた長男ですが、今日は少々ぐずりぎみだったようです。

妻が赤ちゃんをだっこして、長男も一緒においでと誘ったら、「赤ちゃん怖い~」と泣いてしまったのだとか。

こういうのを乗り越えてお兄ちゃんになっていくんだよね。がんばれ。

2008年3月 3日

ひなまつり

ひな祭りということで、お義母さんにおひな様とお内裏様のお子様ランチを作ってもらった長男。

080303_01.jpg

上機嫌に「お顔よ!お顔!」とか言っていたのに、いざ、いただきますをすると、「いちご食べるよ、いちご」とか言って、全然ご飯を食べようとしません。

あの手この手で食べさせようとするも、結局手を付けず。せっかく作ったお義母さんも残念そうでした(むしろ怒っていた)。

弟が産まれてから、どうも甘えモードの長男です。

2008年2月29日

退院、そして長男熱を出す

出産から一夜明けた今日、妻が退院して次男と一緒に家に帰ってきました。

元々予定していたスピード退院。通常、出産後は5日ほど入院して体を休めたりするのですが、オープンシステムを利用した妻は、早く家に帰りたいと、一日で退院することにしていたのでした。

「出産後の体調で家に帰れるのだろうか」と心配していましたが、出産がスピード出産で予想していたより体が楽だったことも幸いして、無事に退院することができました。

妻曰く、一日で退院して良かったとのこと。

やはり母子同室の4人部屋は、ゆっくり休むことができなかったようです。

さて、長男ですが、やはり危惧していたとおり次男から一歩引いたところから眺めていました。

最初は完全無視だったのですが、夕方くらいになると、泣いている次男の声を聞いて「泣いてるね~」と言ったり、ちらちら様子をみたりするようになりました。

この調子なら早く慣れてくれそうかなと思っていたら、晩ご飯をまったく食べないんですね。

食欲がないようで、リンゴジュースやいちごにちょっと手を付けただけ。

眠たいのかなと、病院で処方してもらった風邪薬を飲ませて、熱を測ったら、なんと39.8度もありましたよ。

しんどいながら、ママは赤ちゃんの世話があるからと遠慮していたようです。

とん服の熱冷ましを飲ませて、なんとか寝かしつけました。早く良くなると良いなぁ。

2008年2月28日

次男誕生!

本日、午前9時に次男が誕生しました。

↓先ほど、病院の妻から送られてきたベストショットです。

080228_01.jpg病院に着いてから、1時間で出産というスピード出産。1人目のときの出産は、陣痛が始まってから産まれるまで14時間かかっていました。初産だとこれが普通らしく、経産婦はもっと短くなるとは聞いていたのですが、まさかここまでとは。

そのときの顛末を書いておきます。

---

午前5時、「ねぇ、起きて起きて」という妻の声で目を覚ましました。

「4時くらいからちょっと痛くなってるねん。今15分間隔くらい」

寝ぼけ眼で「おう、了解。何したらいい?」なんてマヌケなことを聞いて、「とりあえず服着替えて」とか言われました。

パジャマから着替えて、朝食の準備をしてあれこれしていると、間隔が10分弱くらいになってきました。

午前6時、助産婦さんに電話して、車で迎えにきてもらいました。

6時45分くらいに助産婦さんが到着して、車に乗せてもらい、みんなで病院へ移動。今回は日赤のオープンシステムを利用しての出産だったのです。

病院に着いたのが8時前くらい。

車の中で陣痛の間隔が3~5分くらいになっていたのですが、病院について一安心したのか、検査室では6分間隔になっていました。

「じゃあ分娩室に移動しましょう」と、病院の看護婦さんに案内されて、分娩室へ。

分娩室は広く、2畳ほどのたたみスペースや、個室用のトイレ、ソファーを完備。かなりくつろげる空間でした。

「旦那さんは入院手続きをしてきてください」と言われたので、息子を連れて、1Fの入院受付へ。病院が広く、息子と一緒だったので、受付をすまして帰ってきたら10分くらい過ぎていました。

すると、さっきまで「まだまだ」という感じだった雰囲気が一変。なんか分娩台の上に横たわることになっていました。

妻はだいぶ痛がっています。

なんか展開早いなと思っているうちに、てきぱきと準備は進みました。

妻は分娩台の上で横向きに寝るポーズ。

1人目のときは、自由な姿勢で出産直前までがんばり、産む瞬間はみなさんが分娩台と聞いて想像するスタイルで産みました。足を固定する、あれです。

今回もそんな感じだと思っていたのですが、横向きの姿勢のうちに助産師さんが「今ね、頭3分の1くらい出てるよ」なんて言ってます。

「え?この姿勢のままなの?」

と、おろおろしているうちに、次男はするりと産まれて来ました。

上の子は、大人しくその様子を見守ってくれていました(というか途中から固まっていた)。

その後は、2時間健診までを分娩室で過ごし、妻を病院に残して帰ってきました。

うちに帰ってきてから、息子とリンゴジュースとビールの乾杯。

上の子は少々複雑そうですが、これでパパっ子になってくれればと密かに願っています。

---

退院は問題なければ明日。

オープンシステムを利用しての出産なのでスピード退院です。

母子共に健康で良かったです。

2008年2月27日

息子熱を出す

出産を控えたこの時期に息子が熱を出してしまいました。

といっても、37度台で、それほどしんどそうではないのですが。

ただ、過去にこういう状態で保育園に連れて行って、症状が悪化したことが何度もあるので、今日は大事をとってお休みすることに。

妻は妻で、予定日を過ぎてもまだ産まれてくる雰囲気がないと言っているし。さて、どうなることやら。

2008年2月20日

ちょうど良いところ

うちの息子がお弁当ごっこにはまっていることは先日書きましたが、お弁当ごっこだけでなく、ちょっと言動がいっちょまえになっていたりもします。

今日、僕が家に帰ってきたときのこと。

「ただいまー」と玄関に入ると、リビングから息子が駆けてくる音がしました。

「あー、パパー、ただいまー!」

「(「おかえりー」だろ・・・)ただいまー。ご飯はもう食べたの?」

「まだ食べてなーい!お魚よ、お魚!」

「今日の晩ご飯はお魚なんだ」

「ちょうどいいところよ!」

どうやら、ちょうど魚が焼き上がったところだったようです。

なんか、いかにも自分が作りました的な態度が可笑しくて、笑ってしまいました。

2008年2月18日

お弁当ごっこ

最近、うちの息子は「お弁当ごっこ」遊びに夢中です。

クッキーの空き缶にミニカーを並べ、「おべんとぉーよ、おべんとぉー」と持ってきます。

ミニカーをひとつつまみあげ、「これは何?」と聞くと、

「うーんと・・・、いちごっ!」

と元気よく答えてくれます。

「もぐもぐもぐ、おいしーね! じゃあ、これは?」

「うーんと・・・、ぶどぉー!」

「もぐもぐもぐ、おいしーね! じゃあ、これは?」

「うーんと・・・、ハムっ!」

「もぐもぐもぐ、おいしーね! じゃあ、これは?」

「うーんと・・・、おいもっ!」

(なんか、すごい取り合わせの弁当だな・・・)

「もぐもぐもぐ、おいしーね! じゃあ、これは?」

「うーんと・・・、チョッコレートケーキッ!」

「えー、どんな弁当だよー」

ちなみに、妻へのお弁当には「おにぎりっ」が良く入っているそうです。

2008年2月16日

息子と散歩

昨日書いたとおり、お昼を食べに近所の和食屋にでかけました。

鰻の柳川丼定食とお寿司に茶そばがついた定食を注文。美味しかったです。

息子も上機嫌で食べてました。

そこで出してもらった椅子が、座ると「プー」となるタイプの椅子で、それが面白かったのか何度も何度も腰を上げ下げしてプープー鳴らしてました。

食後は、妻は別行動で出産のための散歩してから帰ることになったので、僕と息子もちょっと遠回りして家に帰ることにしました。

ちょっと前までベビーカーじゃないと嫌だと言っていた息子が、一生懸命歩いて、最後まで抱っこをせがんで来なかったのは偉かったです。

途中、「パパ、歩くの速いよぉ」なんて文句も飛び出たりして。

風は冷たかったですが、息子と繋いでいた手はぽっかぽかでした。

2008年2月14日

ぅんま!

息子がご飯時、納豆を食べながら「ぅんま!」「うまっ!」を連呼するのが、あまりにも可笑しかったので、ビデオに撮ってみました。

でも、カメラを向けたとたん、急に意識しちゃって、良い感じのが撮れず。残念。

食べるときに、テンション上がりすぎてぴょんぴょん飛び跳ねたりして困ります。

2008年2月 5日

次の子の名前

いつの間にか2月になっていました。
妻の出産まであと少し。
今回は東京で出産するので、産気づいたら妻が頼れるのが僕しかいません。
最大限の努力で妻をサポートしたいと思っています。
 
子どもの名前をどうしようかな。
いくつか候補があるのですが、まだ迷い中です。
そういえば上の子のときも、そんな状態で出産に挑み、なんとなくその場の雰囲気で口から出た名前で決まりました。
今回もそうなるかも。

2008年2月 3日

節分

節分だったので、豆まきをしてみました。
鬼の面を作って、「がおー!おにだぞー!」って息子に駆け寄ったんですが、
「パパ、怖くないよ」
だって。
結局豆を投げてもらえず。
「じゃ、帰るわ」と玄関の方へすごすご帰っていきました。
晩ご飯は、お昼に買ってきた巻き寿司。
3人で恵方を向いてもぐもぐ食べました。
息子が大きくなってきて、こういう行事毎がだんだん様になってきました。

2008年1月26日

なんか偉そう

色んな言葉を覚えてきた息子は、たまに一丁前なことを言って笑わせてくれます。

今日は、朝食をとっているとき、こんなことを言われました。

「ちょっとあんた!やさいたべなさーい!」

って、それって自分が言われていることじゃん!

なんで俺がいわれなあかんのよ。

そもそも野菜食べてるし。

 

おもしろかったのは、ちゃんと顔も「人を怒る顔」を作っているところ。

保育園で言われてるんでしょうね。

ちゃんと野菜たべなさーいって。

 

変な言葉とかすぐ覚えちゃうので、ますます気を付けないといけないなと思いました。

2008年1月20日

画伯

昨日の午前中、息子と公園に行ったときのこと。

砂場のところで、枝を拾った息子が、「パパ~、あんぱんまん描いて~」と言ってきました。

よっしゃ!まかせとけ!と描いてみたあんぱんまんがこれ↓。

080120_01.jpg

すごい!似てる!

見ないでも意外といけるもんですわ。

なんて悦に入っていると、「食パンまん描いて!」と次なるお題が出てきました。

食パンまんね、はいはい。食パンに顔くっつければ良いんだろ。

で、描いたのが↓これ。

 

080120_02.jpg

うーん、まあ、似てる!すごい、俺。

食パンまんの「優しさ」が絵からにじみ出ている!

なんて悦に入っていると、「バイキンマン描いて!」と次のお題が。

バイキンマン・・・。

あんなに強烈なキャラなのに、意外と印象薄い・・・。

えーっと、と思い出しながら描いたのが↓これ。

 

080120_03.jpg

・・・微妙。

なんか老けてるし。

バイキンマンってより、アリマンだね、こりゃ。

と、ちょっとがっかりしていたら、息子は「バイキンマンだー」とはしゃいでくれました。

ありがとう、息子。

2008年1月15日

業界人

最近やたらとおしゃべりな我が息子。

そんな彼のマイブームが、「パンカイ」。

ご飯時に「お茶飲む!」と宣言し、コップを持って、僕や妻の方へ「ぱんかーい!」とコップを差し出してきます。

もちろん「乾杯!」のつもり。

何度「乾杯だよ」と教えても、「ぱんかーい!」と繰り返します。

業界人かいな。

そういえば、カバンのことも、「バカン!」と言っているそうです。

保育園に妻が迎えに行くと、「あれー、ママのバカンないねー」だって。

 

そんな調子で絵本を読んでいると、

「これは?」

「くまさん!」

「これは?」

「ぞうさん!」

「これは?」

「ばかさん!」

こんな感じです。

よりによって「ばかさん」って。

 

ちなみに、色んな動物に「さん」をつけて呼ぶ息子は、何故か「ぶたさん」だけは、

「ぶた!」

と呼び捨てにします。

なんでだろ。

2008年1月12日

エンドウ豆の顔

実家からエンドウ豆が送られてきました。

田舎の方で作られた、有機栽培の豆だとか。

で、妻と息子と3人で一緒に皮をむいて、エンドウ豆ご飯を作りました。

塩加減もちょうどいいかんじに仕上がって、かなり美味しかったです。

 

で、そのエンドウ豆ご飯を食べているときのこと。

息子がご飯が乗ったスプーンを、しげしげと眺めているんですね。

どうしたのかと思ったら、「なんかいるよ」って言うんです。

「なになに?」って、豆を見てみると、ふやけた感じが人の顔みたいになっていたんですね。

「あー、人がいるねー」なんて言って一緒になって喜んであげたら、息子はその後もその豆を見つめ続け、「えへっ。えへへへへ」って、普段しないような笑い方をしてました。

よっぽど気に入ったようです。

その豆を食べるときに「痛い痛いよー」とかいってふざけたら、僕が食べるときに、「痛い痛い」ってふざけかえしてくれました。

 

2008年1月 8日

パパ帰ってきたよ!

今日家に帰ってきたときに、息子が大きな声で叫んだ言葉です。

これまでも似たような言葉を発してくれていたのですが、今日は「嬉しい!」っていう感情がこもった、素敵な言葉になっていました。

思わず玄関口で涙ぐみましたよ。

子供の顔を見ると疲れが吹き飛ぶって言いますが、ほんとその通りですね。

 

まあでも、「一緒にねんねしようか」とか言っても、「ヤダ」「パパとネンネしない」なんてそっけなく言われちゃうんですけど。

2008年1月 4日

妊婦健診

今日は仕事始めの日だったのですが、常駐先のお客さんから休んでも良いよと言われたので、お休みをいただくことにしました。

で、妻の妊婦健診についていくことに。

妻と息子の3人で、電車とバスを乗り継ぎ、日赤病院へ行ってきました。

年末年始のお休み明けとあって、産科の待合所は超混雑。予約している人以外に飛び込みの方もたくさんいらっしゃったようです。

僕と息子は、待合室一角のプレイルームというところで、遊んで時間をつぶすことにしました。

プレイルームでは、4歳くらいの男の子が積み木で遊んでました。

080104_01.jpg僕と息子は、その横にあった←こういうおもちゃで遊び始めました。

難しいルートを一生懸命ボールを押して反対側の端までやる息子に、「すごいね!」「やったね!」なんて言葉をかけて遊んでいたわけです。

すると、積み木で遊んでいた男の子が、「僕もやろっかなぁ」なんて誰に言うでもなくつぶやいて、同じおもちゃで遊び始めました。

僕が息子に「すごいねぇー」と声をかけ続けていると、「そんなの簡単だよ」と言って、すいすいと玉を動かす彼。

かまってほしいのかなと思い、「おにーちゃん、すごいねぇ」と褒めてあげたら、嬉しかったらしく「時間はかって!」と言うわけですわ。

「いーち、にーーい、さーん」とか声を出してはかってあげて「8秒だったねー」と反応してあげたら、今度は「お父さんやって!」だって。はいはい、じゃあやってあげようかなと、玉を触る前に、「いーち」って数え始める彼。

あわてて動かし始めると、彼のカウントの仕方がめっちゃ早いんですね。

「いち、にっ、さん、しっ…」って感じですわ。結局17カウントくらいかかっちゃって、「負けちゃったねー」とか言ってみました。

そんなことを何度もやっている内に、診察の時間がやってきたので、「じゃーねー」と息子と一緒にプレイルームを後にしたんですが、彼はちょっと寂しそうな顔をしてましたね。子供と遊ぶのっておもしろいです。

 

健診の方は無事終了。実は、前回まで子供が横向きになっていて、逆子の状態だったんですが、今回の健診ではちゃんと頭が下になっていました。良かった良かった。

予定日まで後2ヶ月弱。楽しみです。

 

2008年1月 3日

ひとりですべり台

息子と公園に行ってきました。

久しぶりの公園だったので、大はしゃぎ。元気がありあまって、公園を2つもはしごしちゃいましたよ。

公園ではすべり台で遊んだんですが、もうひとりでのぼって、すべって降りられるようになっちゃいましたよ。

↓ひとつめの公園

↓ふたつめの公園

ふたつめの公園で、階段上っている途中で上向いてなんか言ってますが、これ、遊具の天井に落書きがしてあって、それを見つけて「なんか書いてあるよー」と言ってるんですね。

で、何て書いてあったかというと、

「69 死」

ですよ。

腹上死ってことなんですかね。

まあ、息子には「落書きだよー」なんて言ってごまかしましたけど。

 

ひとりでなんでも出来るようになった分、怪我する確率も上がっちゃったわけで。これからますます目が離せないです。