メイン

「育児 2007」のアーカイブ

2007年12月26日

言葉の使い方が上手になってきました。

最近、色々な言葉をどん欲に覚え、そして使う息子。

クリスマスの時に、僕がケンタッキーを買ってきたら、妻から「今パパがケンタッキー買いに行ってるからね」と聞いていたからか、僕を見るなり「うわー!これケンタッキー?」とか言って駆け寄ってきました。

翌日、残ったチキンを冷蔵庫から出して温めたら、そのチキンを見て、「これケンタッキー?」と確認。

で、僕が息子の食べ残しのおかずを食べると、「あー!食べちゃったー」とか言ったりして。

分からないものがあると、「これ何てーの?」とか聞いてくるので、「それは○○だよ」と教えると、「そっかー、○○かー」と分かった感じの口ぶり。

じゃれていて、僕の足の上に乗ってきたときに、身体を押して布団の上に転がしたら、ほっぺをふくらませながら「なんで押すのー?」と言ってきます。もちろん冗談だと分かっているようで、口元はにやっと笑ってるんですよね。

どんどん成長していくなぁ。

2007年12月21日

ギョーザ

息子に、耳を曲げて「ギョーザ」って言うのを教えたら、なんかえらく気に入っちゃって、保育園でもやってるみたいです。

先日、珍しく「パパねんねしよー」と誘ってきたので、一緒に添い寝してあげたら、僕の顔を見ながらニコニコ。

そっと僕の耳に手を伸ばし、「ギョーザ」と言ってくれました。

「ギョーザ、覚えてたんだねー。保育園でもやってるの?」

「保育園でもヤッテルー」

「先生は何て言ってた?」

「センセイ、おかちーって言ってたよ」

だって。

かわいいですわ。

2007年12月 6日

インフルエンザ?

火曜日の深夜に息子が高熱を出しました。

だいぶ苦しそうだったので、水曜日は僕が会社をお休みして、病院に連れて行きました。前日の深夜に39度近く熱があったのですが、日中は割に元気で熱も上がりませんでした。

これなら大丈夫かなぁと思っていたら、水曜の深夜に再度高熱が。

で、今朝はまた平熱に戻っていました。

日中大丈夫だったからと思い、保育園に連れて行ったら、すぐに「お熱が出ました。お迎えに来てください」コールが妻の元へ。

今日は日中も38度くらい熱があったようです。

明日の午前中は妻が妊婦健診の予約を入れているので、僕が会社を休むことになりそう。

高熱が続くので、インフルエンザを疑って、病院でチェックしてもらおうかと思います。今年は予防接種1回目しか受けてないんですよね(子供は2回受ける)。

早く元気になると良いなぁ。

2007年12月 2日

アベチチジョー

最近の息子は歌を歌うのがお気に入り。

色んな歌を歌ってます。


「おしりかりじむし~ おしりかじりむし~ 

かじって かじって かじってなんぼのショーバイバ!(以下エンドレス)」

「どんぐりころころ どんぐりこー

おいけにはまって さあたいへん

どじょうがでてきて こんにちわ

ぼっちゃんいっしょに アベチチジョー」

「おおきなくりのー きのしたでー

あーなーたーと わーたーしー

なーかーよーく アベチチジョー (以下最初に戻ってエンドレス)


「遊びましょう」が「アベチチジョー」になるんですね。

ちゃんと歌える日はいつになるのやら。

でも、歌っているときは超楽しそうなので、まあ良いかなと思ってますが。

2007年11月14日

もう5時だ。早いねぇ。

とは、日曜の夕方にうちの息子がつぶやいた言葉。

腕時計を見るふりまでして、大人ぶってました。

5時はまだ保育園にいる時間なので、おそらく先生の真似をしたんでしょうね。

ちなみに、つぶやいたときの時間は6時でした。

2007年11月 9日

保育園で面談

保育園で保育師さんとの面談があり、妻が仕事の合間に行ってきてくれました。

保育園での生活に特に問題はないようです。ただ、着替えや挨拶に対する意欲がないとのこと。

2才も過ぎているので、自分で自分でとやりたがっても良いものなのですが・・・。家でも僕や妻に甘えてたりします。まぁこれは追々やっていく感じでしょうね。

友達とも喧嘩もなく平和だそうで。ただ、それは他の子と関わって遊んでいる時間が少ないからだそうで、喧嘩の中から学ぶこともあるので、もう少し友達同士で遊ぶ機会を作ってくれるそうです。

僕らが、昼間は会社で家とは別の生活があるのと同様、息子は息子で自分の世界を作り始めてるんだなぁと思いました。

2007年11月 4日

コレハナンナンダー

昨日くらいから登場した息子の口癖です。

僕がパソコンの前に座っていると、僕の膝の上に上ってきて、机のものを指さしながら、

「コレハナンナンダー」

と聞いてきます。

「これはDVDだよ」と教えると、

「コレハナンナンダー。ディーブーディーダー」と一人でぶつぶつ言っています。

絵本を見ていても、自分が名前をしらないものが出てきたら、またも「コレハナンナンダー」。

どん欲な息子の姿勢に、僕も刺激を受ける毎日です。

2007年10月31日

妻、運び屋

ここ数日、息子が気に入っているバスのミニカーが見あたらなくなっていました。

「バスないなぁ」とあちこち探す息子。

でも見つからない。

そんなこんなで、今日、妻からメールが来ました。

バスあったよ。

行方不明の車5台、カバンに入っていた!

何日も職場に運んでたよ。


うーん、盲点。

2007年10月29日

ぼくひゃっか・わたしひゃっか

息子に「ぼくひゃっか」「わたしひゃっか」を買ってあげました。


かわいい絵で、動物や乗り物の絵と名前(日本語・英語)が書かれています。

息子に、「バスはどこ~?」と聞くと、「ばしゅここ!」と元気よく指してくれます。意外と色んなものを知っていて、ダンプカーとかショベルカーとかちゃんと区別つくんですね。コミュニケーションを取るのにちょうど良い本でした。

先のページには、数の数え方や、迷路、シャツの脱ぎ方なんかも紹介されていて、長く楽しむことができそうな絵本です。

2007年10月25日

久しぶりの高熱

今日は息子の熱があったので、僕が会社を休んで面倒をみてました。

朝方は38度弱だったのが、昼前頃から上がりだして39度を超えるように。一番高いときで40度超えてました。

寝れば少しは良くなるかと思ったんですが、全然熱は下がらず。

息子はぐったり。

夕方病院に連れて行って解熱剤をもらってきました。

インフルエンザが流行っているそうで、明日の夕方まで高熱が続くようであれば、インフルエンザキットで検査してみることになりました。

ここのところ調子よかったのになぁ。季節の変わり目は危ないですね。

土日で良くなると良いけど。

2007年9月29日

運動会 2007

保育園の運動会に行って来ました。

前回の運動会から、もう1年経つんですね。

今日はあいにくの雨模様だったので、場所は保育園のグラウンドではなく、近くの小学校の体育館。

練習とは違う場所に子供達のテンションは高めで、結構カオスな状態でした。

今年の1歳児の競技は、親が付き添って子供が小さな階段をのぼったり、トンネルをくぐったり、車の絵が描いてある段ボールに子供を入れて親がひっぱったりする種目でした。

何を争うわけじゃないので、競技じゃないですね。演目です。

親から離れなかったり、普段とは違う雰囲気に圧倒されて泣いたりする子もいる中、うちの息子はしっかりとやってくれました。しかも、一番最初に先生とお手本をやる係までちゃんとできました。

ちょっとだけ誇らしい気分になりますね、ああいうとき。まあ親バカなんですけど。

その後、保護者競技に出場。

みんなで円陣を作って、真ん中に赤と白のお手玉を置き、いすとりゲームの要領で指定された玉をつかむという種目でした。

そこそこ勝ち進んだんですが、途中であえなく敗退。残念でした。

2007年9月24日

2才の誕生日

息子が2才になりました。

去年は、義父さんと義母さんが遊びに来てくれて、餅を背負ったり、鯛を焼いたりと大忙し(Happy Birthday to my son)でしたが、今年は割と普通の一日でした。

義妹が遊びに来ていたので、妻と息子と3人で近所の商店街へお買い物に。

おかずやケーキ(パイ)を買って来て、お昼ご飯のときに誕生会をしようとしたら、息子は寝てしまいました。

昼過ぎには義妹は大阪に帰ることになっており、僕も知人の主演する舞台を見に行くことになっていたので、誕生会は夕食後にすることにしました。

誕生会といっても、ケーキにろうそくを2本立てて、誕生日の歌を歌って、写真撮っただけですけどね。

2本のろうそくに「ふーっ!」と息を吹きかけ、火が消せたときの息子は誇らしげな顔をしていました。

最近「やだやだ期」に突入していて、なかなかこちらが思った通りにしてくれないことも多いですが、それもまた成長の証ですね。

2007年9月23日

2回目の動物園

大阪から義妹が遊びに来ているので、みんなで一緒に上野動物園に行って来ました。

息子が動物園に行くのはこれで2回目。前回が2月(動物園デビュー!)だったので、半年ぶりです。

前回はまだ動物に興味を持ってくれませんでしたが、今回はばっちり。

象やキリン、アシカに虎など、たっぷり堪能できました。

動物園の中では、ベビーカーから降りてこんな感じ↓で走り回っていました。


よっぽど楽しかったようです。


特に↓アシカの食事ショーは大興奮の様子でした。


↓僕的にはカピバラの食事風景がお気に入り。


動物に対して何かリアクションを取ってくれるのは嬉しいです。

また次来るときは、もっと違う反応を見せてくれるんだろうなぁ。

2007年9月22日

助産院見学

一部の人にはお伝えしてましたが、実は妻が第2子を妊娠してまして、来年の2月末に出産予定となっています。

今度の出産は、里帰りではなく東京で産みたいと妻も僕も希望しているので、こちらで出産場所を探すことにしました。

1人目のとき、助産院での出産を希望していたのですが、とある事情で断念したため、今回こそはと、今日助産院の見学に行ってきました。

行ったのは↓こちらの助産院。


拡大地図を表示

以前に、NHKの番組でも取り上げられたことのある有名な助産院です。

第60回(2007年8月28日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

見学者は、うちら夫婦を含めて3組でした。

最初に、母子手帳を見せて、これまでの出産の経験とか、なんで助産院での出産を希望しているのかとか、助産師さんからの質問がありました。

「自然分娩」というキーワードだけに惹かれて、あまりよく勉強せずに助産院での出産を希望する人が多いようで、助産師さんは厳しい言葉を敢えて使いつつ、助産院で出産をする覚悟があるのかどうかを見極めているようでした。

質疑応答の中で、「へー」と思ったことを以下にメモしておきます。

・「フリースタイル出産」を希望してお産に臨んでも、結局ほとんどの人が分娩台の上で取るようなポーズで産んでいる。
・「水中出産」は、水の中に入るタイミングが難しい(浴槽にお湯をはっている間に産まれたりするそうです)。
・助産院で産むことを決めた人のうち1割くらいは、途中で病院に搬送される(そしてそのほとんどが初産の人)。

話を聞けば聞くほど、助産院での出産はリスクが高そうでしたが、その分得られるものも大きそうでした。

さて、どうするかな。

2007年9月10日

水疱瘡?

息子のおしりや手足にブツブツができちゃいました。

病院の先生に診てもらっても、具体的にこの病気と分からなかったみたいで、手足口病か水疱瘡のどちらかじゃないかとのこと。

水疱瘡は数週間前に予防接種をしたばかりですが、予防接種後1~3週間後にブツブツができることもあるのだとか。

どちらにしろ、保育園を休ませなければならず、妻と休める日を調整しました。

今週は割と忙しい一週間だったんですが、仕方ないですね。

2007年8月28日

オウマ・カーン

チンギス・ハーンの親戚ではありません。

うちの息子が、僕にお馬さんをねだるときの言葉です。

「おうまかーん!」

以前もお馬さんごっこがブームと書きました(お馬さん (くりす流))が、最近は、うちに帰るとすぐにおねだりされるようになりました。

「ご飯食べてからね」と言っても、「おうまかーん!おうまかーん!」と言いながら、四つんばいになれと背中から押してきます。

やってあげるのにもコツが必要で、普通によつんばいになっただけだと、なかなか背中に乗れないんですね。だからといって屈みすぎると、息子のプライドを傷つけるのか、「んー!んー!」と言って、もっとちゃんとよつんばいになるように怒られます。

疲れるけれど、なかなか楽しいもんです。

2007年8月24日

お義母さん上京

お義母さんが上京してきました。

金曜日はうちで過ごして、土曜日は最近東京へ引っ越したお義兄さんの家へみんなで行くことに。

息子がおばあちゃんに会うのは久しぶりなので、ちょっとは緊張しているかと思いきや、全然そんなことはなく。

むしろいつも以上にわがまま言い放題、元気に暴れてました。


さて、ということで週末は久しぶりの遠出。

人混みにあてられないようにしないと。

2007年8月12日

赤いブッブー

最近の息子は、「アカ!(赤)」というフレーズが大のお気に入り。

赤い車を見つけては、「あ!赤いブッブーだ!」と喜んでいます。

その他、色んなものを指さしては「アカ!」と言っているんですが、全然赤くないものまで「アカ!」と言ってるんですよね。

それは赤じゃないよ、青だよ、と教えてあげると、分かったような顔をするんですが、すぐに「アカ!」って言うんです。

困ったなぁという僕らの顔を見てニヤニヤすることもあるので、もしかしたら本当は分かっているのに大人をからかっているのかもしれません。

そうそう、あんまり車が好きなので、車の絵本、というかずかんを買ってあげました。

ずかん・じどうしゃ
ずかん・じどうしゃ
posted with amazlet on 07.08.13
山本 忠敬
福音館書店 (1984/01)
売り上げランキング: 11045
おすすめ度の平均: 4.5
5 お気に入りです
3 くるまが古いのが、、、、
5 車好きの息子のバイブル


見開きのページに4~6台のリアルな車が載っていて迫力満点。

喜んでめくっています。

ただ、初版が1977年ってことで、載っている車が古めなのが残念なところかなぁ。


2007年8月 5日

お馬さん

最近の息子のブームはお馬さんごっこ。

まあ、ベタに僕を四つんばいにして、背中に乗ってくるんですね。

でもって、「こっち!」「あっち!」と指さしして動く方を指示するんです。

大人なんだから楽勝!のはずなんですけど、さすがに12kg近くある子供を背中に乗せて、四つんばいで移動するのって結構大変。

体、鍛えないとなぁ。

2007年8月 1日

発疹でお休み

月曜日に息子が熱を出して、火曜日は保育園に行ったのですが、元気がなかったと。

でもって、手足にちょっと発疹ができていて、手足口病の疑いがあったので、今日は僕が仕事を休んで子守りでした。

洗濯物を干そうと、窓際に行ったら、夏の日差しで床が暖かくなってまして、そこを踏んだ息子が「アチ(熱い)」と一言。

最近この「アチ」が良く出てきて、温かいくらいのご飯を口に入れても「アチ」とか言っているんですね。

あと「ウマイ!」ってのも最近言いますね。

ご飯食べてて「ウマイ!」って言うんですよ、いっちょまえに。

「ウマイ!オイチー、コレ」って。

新しい言葉を覚えてくれると嬉しいです。

2007年7月20日

風邪でお休み

息子が熱を出したので、会社をお休みしてました。

ウィルス性の風邪だそうで、今回はそれほど長びかなそうです。

今日は一日元気だったし。

息子が昼寝している間に色々やろうと思ってたら、一緒に寝ちゃいました。

子育てって大変ですね。働くママ、主婦の皆さんを尊敬します。はい。

---

夜中に iTune Music Store でリップスライムの「熱帯夜」を購入。

CDリリース前に先行発売だそうで。

1曲200円。

早い、安いで、こりゃCD売れなくなるわ。

2007年7月17日

やだ

矢田亜希子~なんで押尾学と付き合っちゃったんだよぉ、の「やだ」じゃないです。

うちの子供が最近「ヤダヤダ」期に突入しつつあるのです。

今日も、「お風呂入るぞ~!」と声かけたのに、「やだ」だって。

もちろん本気で嫌がっているわけじゃなくて、「やだ」と言って僕らが困るのを見て楽しんでるんですね。いたずら坊主です。

お風呂を上がっても、「パジャマ着るよ~」「歯みがくよ~」と言っても「やだ」「やだ」。

今はまだかわいいもんですが、これが泣き叫びだしたら大変そうです。

2007年7月14日

成田へGo!

一週間前に、お義父さんとお義母さんがヨーロッパの方へ旅行へ出発して、今日帰国することになっていました。

成田で4時間ほど待ってから、国内線に乗り換えて大阪へ帰るというので、一家3人で成田空港へお迎え&お見送りに。

成田へはどうやって行こうか迷ったんですが、結局京成スカイライナーを利用しました。

一人2,000円弱でしたが、指定席ということでかなりゆったりと移動することができました。

息子も、窓の外に移る見慣れない田舎の景色に目を取られ、おとなしくしてくれました。よかったよかった。

空港でお義父さんとお義母さんに会って、食事をしながらお土産をもらったり、旅行の話を聞いたり、息子の成長の様子を話したり。

息子は、お土産にミニカーの5台セットをもらっていました。

さっそく包みを開けてあげると、嬉しそうに触ったり眺めたり。ほんと車好きなんだよなぁ。

息子がぐずるからと思って、あまり遠出はしなかったんですが、意外とおとなしくしていてくれたので、今度は家族で旅行にでも行ってみようかな。

2007年6月29日

絵本を見ながら「ぶっぶー」「バシィ!」

最近、うちの息子が車にはまっているということをちょっと前に書きましたが、絵本を見ながら「ぶっぶー」「バシィ!(バス)」と言っている動画が撮れたので公開します。



こんな調子で、図書館から車の本を借ると、飽きることなく眺めています。

2007年6月25日

さんまのカラクリテレビ的な、あれ

この土日で、息子はまたぐんと成長してくれました。

土曜の朝、テレビで車のCMを見たとき、不意に「あ!ぶーぶーだ!」と指さして言いました。

これまで、「ぶーぶー」「バシュ!(バス!)」と単語では言っていたんですが、語尾に「だ」をつけてそれっぽく喋ったのを聞いたのは初めて。すごく感動しました。妻はその前に何度か聞いていたようですが。

そんでもって、夕食にカレーを作ったんですが、「熱いからふーふーしてね」とふーふーのやり方を見せたところ、ちゃんと同じように真似してやってくれました。いやーすごい。

その後、熱くなくても一生懸命ふーふーしていましたが。


さて、タイトルの「さんまのカラクリテレビ的な、あれ」です。

素人の投稿ビデオコーナーで、よく赤ちゃんの衝撃おもしろシーンを放送していますが、あそこに投稿できそうなシーンを目撃してしまいました。

今朝、食事の後のこと。テーブルの上に置いてあったゾウのぬいぐるみがついている写真立てを両手でつかんで、なにやらぶつぶつ言っていました。

そのうちに段々と興奮してきて、その写真立てをぎゅっと胸に抱きしめようと前屈みになった瞬間、おでこをテーブルの角にぶつけて、そのまま後ろに尻餅。

一瞬何が起こったのか分からない顔をしていましたが、じわじわ痛くなったのか泣き出していました。

こういうことも成長の糧になっていくんですよね。

そういや僕も小さいときに似たようなことしてたなぁ。

2007年6月15日

またも風邪引き

今週から息子が体調を崩してまして、水曜日は妻が、木曜日は僕がそれぞれ仕事をお休みして看病してました。

熱が出て、咳が出る風邪。

昨日紹介した絵本を読んだりして過ごしたんですが、夜になるとちょっと熱が上がるんですね。

で、金曜日の朝。熱はなかったのですが、いつもよりもちょっと体温高め。見た目も少々元気ありませんでした。

とはいえ、妻も僕も仕事があったので、保育園から連絡があったら僕が迎えに行くということにして、とりあえず息子は保育園、僕らは仕事へ行くことにしました。

会社に着くと妻からメールが来ていて、「保育園で私から離れようとしなかったよ。いつもより顔色悪かったし」なんてメールが来ているわけです。うーん。

こりゃ保育園からいつ電話があってもおかしくないと思っていたんですが、連絡がないまま夕方に。

意外と大丈夫だったのかなと思っていたら、16時20分頃、保育園から電話がありました。

熱が37度5分あって、これから上がりそうだから迎えに来て欲しいとのこと。

こりゃまた微妙な時間です。

僕の職場から保育園までは40分くらい。仕事を片づけて出たら17時10分くらいになります。

一方、妻の職場からは10分くらい。しかも、いつも迎えに行っている時間は17時30分くらい。

微妙です。とりあえず妻の携帯に電話してみるも、出てくれません。

このまま連絡が取れなくて、妻がいつも通り迎えに行っても20分くらいしかかわらなかったのですが、少しでも早く出た方が良いと思い、あわてて職場を出ました。

結局保育園の入り口のところで妻に連絡が取れて、すぐに職場を出てきてもらい合流。

息子はいつもよりも元気がなく、無理して保育園に連れて行ったことをちょっと後悔しました。

大人の都合を子供に押しつけちゃいけませんね。

2007年6月14日

禁断の書

妻が図書館で絵本を借りてきました。

その名も「ぶーぶーじどうしゃ」。

普通の自動車や消防車、救急車、パトカーなどのリアルなイラストが見開きで描かれています。

うちの息子は自動車好きなので、これは良い本を借りてきたね、なんて言ってたんですが、これが大きな間違いでした。

この本、かなり気に入ってしまい、「ぶーぶー、ぶーぶー」と言っては本を持ってきて読めとせがみます。

でもって、本を開いてあげると、勝手に自分でページをめくりながら、楽しんでるんですね。

僕や妻が本持ち係になっちゃってるわけです。

新聞を読んだり、インターネットしたり、PSPをしたりしていると、「お前もこれに興味もてよ」とばかりに本を持ってきます。

寝ても「ぶーぶー」、起きても「ぶーぶー」。

妻は大変な本を見つけてしまいました。

しばらくはこの本を手放しそうにありません。図書館に返すときがきたら、買ってあげようかな。

ぶーぶーじどうしゃ
ぶーぶーじどうしゃ
posted with amazlet on 07.06.15
山本 忠敬
福音館書店 (1998/04)
売り上げランキング: 9723
おすすめ度の平均: 5.0
5 お気に入り
5 1歳の息子がはまっています
5 愛読書!!

2007年6月10日

バナナ、そして雨

タイトルはうちの息子が最近覚えた単語です。

朝、ご飯を食べるとき、いつも「パン~。パン~」と訴えていたのですが、ここに「バナナァ~。バナナァ~」というパターンが加わりました。

言葉を覚えて、それに僕らがちゃんと応えて行動するようになったら、もうこればっかり。

晩ご飯を食べている途中に「バナナァ~」、昼下がりに遊びに飽きたと思ったら「バナナァ~」と切なそうな顔で訴えてきます。

かわいさのあまり、思わずバナナをあげたくなるのですが、言ったらもらえると思われないよう、心を鬼にして必要な分以上はあげないようにしています。

それでも「バナナァ~」と言われると、思わず心が揺らいでしまうんですよね・・・。

そして、もう一つの言葉。「雨」。

今日は一日雨で、部屋の中でだらだら遊んでたんですが、突然窓の外を指して「アメ」と言い出しました。

そんな言葉教えたことないのにと思いつつ、「そう、雨だね!」と相づちを入れると、それが嬉しかったのか、しばらく外を指しては「アメ、アメ」と言い続けていました。

意味分かってるんだろうか・・・。

あと、単語はしゃべれないんですが、「新聞持ってきてー」と言えば、ちゃんと新聞を持ってきてくれるんですね。子供の成長は早いなぁ。

さて、次はどんな言葉を覚えてくれるかな。

2007年6月 3日

網戸破れる

昨日の「溶連菌 (くりす流)」のエントリで書いたとおり、病気のため外に遊びに行けず、元気をもてあます息子。

熱はすっかり下がったので、あとは養生するだけなんですが、一日家の中にいるのはなかなかエネルギーを発散するのに困るようで。

僕や妻の上に乗っかって暴れたり、部屋の中を走り回ったり。

そんなことをしているうちに事件が起きてしまいました。

良い陽気だったので、ベランダの窓を網戸にして開けていたんですが、部屋の中をうろついていた息子がちょっとしたはずみでその網戸にもたれかかったんですね。

そしたら次の瞬間、網戸が破れて、息子はベランダの方に倒れてしまいました。

幸い強く打ったところはなく、息子は無事だったんですが、網戸が大破。

なんとなく破れたまま窓を開けとくのが嫌で、お昼寝の時間に今年始めての冷房を入れてしまいました。

網戸、張り替えないとなぁ。

2007年6月 2日

溶連菌

今日は会社の先輩の家におじゃましてホームパーティ!の予定だったのですが、昨日息子が熱を出しちゃいまして、急遽キャンセル。

昨夜は熱が39度まで上がってました。

東京でははしかが流行しているので、予防接種は受けているとはいえ、心配。

今日の朝一番に病院へ連れて行きました。

診断の結果は、溶連菌だそうです。


溶連菌感染症 - Wikipedia

なんか怖そうな名前。

病院の先生曰く、薬を10日ほどちゃんと飲み続けないと、リウマチや腎臓炎になっちゃうそうです。

怖いなぁ。

この週末で治ると良いけど。

2007年5月18日

オマル来た

うちの息子もそろそろトイレトレーニングとか始めてみようかということで、インターネットでオマルを購入しました。

最近のオマルはすごいんですね。

それにまたがってすることもできるし、上を外してトイレの上に付け補助便座にすることもできたり。

そのオマルが今日到着したんですが、そのとき妻から送られてきたメールが↓これ。

おもしろかったのでそのまま転載しておきます。


------------
Subject: オマル来た


喜んでるんだけど、車と間違えてる気がする










070518_01.jpg




------------


確かに。


ちなみに買ったのは↓このオマルです。



2007年5月 4日

五月山公園へ

お義父さんに車で送ってもらって、池田市の五月山公園に行って来ました。

池田市観光協会 --- 五月山公園

GW中だったので、子ども連れで大にぎわい。

僕らは動物園目的で行ったんですが、公園の中ではバーベキューをしたり、お弁当をもってきて食べたり、ハイキングをしたり、ボール遊びをしたりと、皆思い思いの休日を楽しんでいました。

動物園には、アライグマやエミュー、カピバラといった珍獣系が飼育されていました。

↓エミューの檻の前で取った写真です。

070504_01.jpg

あまり近づきすぎるとくちばしでつつかれるんじゃないかと言って、妻が冷や冷やしていました。


この日の夕方に、お義兄さん夫婦が5ヶ月になる娘さんを連れて到着。

うちの息子は従姉妹との初めての対面となりました。

1年以上お兄さんなので、堂々としているかと思いきや、予想外にシャイボーイになっちゃってました。


そうそう。この日、息子が「バシュ!」と言う言葉をしゃべれるようになりました。

「バス」のことです。

車のことはまとめて「ブッブー」と言っていたんですが、バスはちゃんと区別して「バシュ」と言うんですね。

2007年4月30日

千駄木で亀が泳ぐ公園発見。

息子を近所の公園で遊ばせようと、妻と3人で出かけたのですが、目的の公園に着いて5分もしないうちにベビーカーに乗ろうとしてました。

どうやら公園で遊ぶ気分ではなかったようです。ということで、今日はベビーカーを押して、これまであまり行ったことがない千駄木の中を散歩することにしました。

↓これが今日歩いた道のりです。結構歩きました。

share the MAP! --- 千駄木散歩(2007.4.30)


この散歩の中で見つけたのが、千駄木にある「須藤公園」。

住宅街の真ん中に、うっそうと緑が生い茂るエリアがあったので、行ってみると公園でした。

公園といっても、ブランコとかすべり台が置いてあるだけの公園じゃなくて、↓こんな感じで公園の中にも段差があり、池とか社とかがありました。

070430_01.jpg


↓で、その池にめっちゃ亀がいるんですね。この休憩している亀たちはほんの一部でして、池の中では鯉と一緒に泳ぐ亀たちもいました。

070430_02.jpg


散歩の途中、人の家の生け垣や学校の植え込みには、花が綺麗に咲いていました。

午後の日差しは、もう初夏のそれでした。

2007年4月29日

浜離宮恩賜庭園に行ってきました。

GWということで、浜離宮庭園に遊びに行ってきました。

最近天気が悪かったのですが、今日は快晴。絶好のお出かけ日和。

JR新橋駅から15分ほど歩いて、浜離宮恩師庭園に到着しました。

水上バス乗り場のところのベンチに座って、持ってきたおにぎりで昼食。外でおにぎり食べるのなんて何年ぶりだろう。子どもの頃の遠足を思い出しちゃいました。

息子は芝生のところで大はしゃぎ。

石段を登っては、芝生の坂をかけおりようとする(自分ではおりれない)のを繰り返してました。

↓はしゃぐ息子です。

こっち向いて両手を挙げる仕草がかわいいです(親バカ)。

なんか走るときに手を曲げるくせがあって、女の子が肘のところにバッグをひっかけるポーズ?に似ていて可笑しいです。


070429_01.jpg

070429_02.jpg

070429_03.jpg

070429_04.jpg


↓今日歩いた道のりです。

share the MAP! --- 浜離宮恩賜庭園にて(2007.4.29)

あー楽しかった。

2007年4月19日

保育園へ送り

明日は妻の仕事の都合で、僕が息子を保育園に送っていくことになりました。

いつもより30分早く家を出ることに。あー、早い早い。

保育園って、やったことある人は分かると思うんですが、色々大変なんですよね。

エプロンはここ、お手ふきはここ、おむつはここ、と置く場所が決まっているし。

送り迎え素人の僕が行って大丈夫なのかと不安はあるんですが、まあ、行くしかないですよね、こればっかりは。

まぁ、明日晴れるみたいだし、その点はラッキーなのかな。

ここ数日の雨で、↓こういうのが欲しくなっちゃいました。


アップリカ マルチレインカバー

ベビーカーをすっぽり覆うカバー。梅雨の前に買わなきゃ。


さ、寝よ。


どうでもいいけど、タイトルの「保育園へ送り」ってなんか気持ち悪いですね。

「お迎え」とは言うけれど、「お送り」とは言わないし。

2007年4月 9日

リバース

昨夜、というか今朝未明、妻にたたき起こされました。

なんだろうと思ったら、息子が布団に吐いてしまったと言うではありませんか。

そういや確かに酸っぱいにおいが部屋中に広がってます。

布団を見ると、広範囲に渡って吐いたものが広がっていました。当の息子は、その布団の上で寝ぼけて座ってます。

こりゃ大変だと、僕がお風呂に連れて行ってシャワーを浴びせている間、布団とか服とかを妻が洗濯。朝っぱらからばたばたしちゃいました。

その後、ちょっと眠って起きたら、具合は悪くなさそうだったので、普通に保育園に連れて行きました。

夕方、妻が迎えに行くと、先生から保育園でも吐いたことを告げられたそうです。

帰りに病院に寄ってもらい、吐き気止めのお薬をもらってきました。

で、今日は水っぽいものだけ食べてくださいと言われたので、ちょっとした雑炊とポカリスエットを食べさせて寝かせました。

今日は大丈夫かなーと思っていたら、23時頃から寝苦しそうにふごふごぐずりだしました。

のどが渇いているのかと、リビングで椅子に座らせ、ポカリを飲ませたら、それをリバース。ついでに雑炊とかまで出てきてました。

寝苦しそうにしていたのは、吐き気が原因だったみたいで、シャワーを浴びた後はすっきりした顔で眠りにつきました。

ノロなんでしょうか。うーん。

去年の6月に親子3人吐き気でダウンしたとき(風邪でDOWN (くりす流))のことを思い出し、ちょっとブルーに。気を付けよっと。

2007年3月28日

実家からの贈り物

実家の母親が、息子にTシャツを贈ってくれました。

デパートで買ったらしく、お洒落なTシャツが揃ってます。

070328_01.jpg

恥ずかしながら、僕自身、高校卒業するまで母親が買ってきた服を着ていたんですが、あのころはこんなセンスの良い服じゃなかったんですよね。

「おかんが買う服はださいけど、おばあちゃんが買う服はいけてる」の法則でしょうか。

あと、一緒に鹿児島名産のお菓子が送ってきてまして、僕がリクエストした「げたんは」(これ↓)もちゃんと入っていました。

070328_02.jpg

甘いものサイコー!

2007年3月26日

だだこね息子

一週間前に体調を崩して、先週はほとんど保育園に行けなかった息子ですが、体調が悪くてどこか気持ち悪いのか、大泣きしてぐずるようになってしまいました。

機嫌良さそうに笑っていたかと思った次の瞬間、顔を真っ赤にして大泣き。

「ご飯食べる?」とパンを差し出しただけで大泣き。

あれれと抱っこであやそうとしても、身体をよじってばたばたしちゃいます。

今日は僕が家に帰るまで、1時間30分も大泣きしていたとか。

そのせいで妻はぐったり。

結局息子は、ご飯も食べず、風呂も入らず寝てしまいました。

明日の朝早起きしてご飯食べさせお風呂に入れないと。

まだちゃんとはしゃべれないので、ぐずったときに何をして欲しいのか分からず、疲れます。

まいったなぁ。

2007年3月25日

子育てマンション

先週号のAERAに載っていた記事に「夢の子育てマンション」というのがありました。

ちょっと先のお話ですが、2010年に中央区の都営団地跡地に子育て支援マンション「勝どき一丁目地区プロジェクト」が建設されるそうです。

45階建てのタワー型賃貸マンションで、全551戸、1~3階までは地域活性や子育て支援施設が入居するとか。

551戸のうち、11階までの低層階100戸を子育て世代に格安で提供してくれる計画のようです。

家賃は55平方メートルの2LDKで月額13万円程度。都心の新築マンションとしては格安ではないでしょうか。

子育てマンションと謳っているだけあって、幼稚園と保育所を一元化した認定こども園や屋外広場、小児科と眼科、歯科などが並ぶクリニックモールが施設として入居し、子ども園は朝7時から夜10時までの延長保育を計画、病児保育室も併設されるとか。

更新期間も10年ごとで、一番下の子どもが義務教育を終えた段階で更新する権利を失ってしまうそうです。そうやって、入居者の入れ替えを計るみたいですね。

場所も勝どき駅から徒歩2分。

これはかなり魅力的な物件です。

倍率は相当高くなりそうですが、応募してみようかな。

2007年3月22日

息子が熱でダウン中

先週の金曜日から、息子が熱を出してダウン中です。

今週は、月曜日に僕が、火曜日に妻がそれぞれ仕事を休んで、家で看病。

水曜日が祝日だったんで、なんとか治ってくれないかなぁと期待していたのですが・・・。

今朝は熱もなく、割と元気そうだったので保育園に連れて行ったら、11時頃に保育園から電話が。

食欲がなく、熱も38度1分あるとのこと。

今は顧客のところに常駐しているので、事情を説明して早退させてもらいました。はぁ。

家に立ち寄らずそのまま保育園に行ったので、自分のカバン+息子の着替え一式+息子(10Kg)を抱えて15分の道を歩いて帰ることに。かなりしんどかったです。鍛えないと。

結局今週は1日しか働いていないなぁ。結構心苦しいんですよね、こういう状況。

最近風邪が流行っているらしく、子供を持っている知人の日記を見ても、同じような状況のようです。

早く元気になって欲しいです。

2007年3月11日

春の新作ダンス

Dancing son (くりす流)」で、うちの息子が音楽に合わせてダンスをするということを書きましたが、いつの間にかそのダンスがパワーアップしていました。

音楽をかけながらちょっと作業をしていて、ふと息子を見ると、以前の屈伸運動だけじゃなく、両手を前や上に出したり、手のひらをひらひらさせたりして、それっぽく踊っていました。

「おー、すげーなー、成長したなー」と思いながら見ていると、その場でぐるぐると回り始めるじゃありませんか。いやはや、すごい進歩です。たぶん、保育園でお兄ちゃんお姉ちゃんたちの踊りを見て覚えたんでしょう。

でかした、息子よ、なんて思っていたんですが、なかなか回るのをやめません。

挙げ句、目を回してふらふらしながら倒れちゃいました。

これで多少は懲りたのかと思いきや、ふらふらしながらまた立ち上がり、ぐるぐる回り始めます。

そういえば、僕も子どもの頃、無意味にぐるぐる回って目を回し、ふらふらするのをおもしろがっていたことを思い出しました。

血は争えないです。

2007年3月 7日

たんかんでニンマリ

実家からたんかんが送られてきました。

みなさん、たんかんってご存じですか?

「ダンカン、ばかやろう!」 by たけし

ダンカンじゃありませんよー。

柑橘類の一種ですね。詳しくは↓こちらで。

タンカンって何?

早速、晩ご飯のときに息子に食べさせました。すると、これが美味しかったらしく、食べたばかりなのに段ボールを自分で開けて、2つも抱えてえっこらえっこら妻のところへ運んでくるのです。

「今食べたじゃん!」と言いつつ、あと1つだけねと、皮をむく妻。妻の膝の上で一通りたんかんを楽しんだ息子は、「はい、おしまい」と妻に言われると、机の上に残っていたもう一つのたんかんを抱えて僕の元へ。このときの顔ときたら、「パパの方に持っていったら、もう1個食べさせてもらえるぜ」という、しめしめ顔。

かわいいなー(親バカ)、と思いつつも、ここで食べさせたら甘やかしてしまう、と「もう駄目だよ。今日はおしまい」と諭したら、しょんぼりした顔でおとなしく段ボールの箱にたんかんを返していました。

まだ会話はできませんが、こちらが言っていることは、かなり分かってきた模様。楽しくなってきたなぁ。

2007年3月 3日

児童館で大はしゃぎ。

児童館に行ってきました。

児童館 - Google 検索
児童健全育成推進財団

児童館って、僕は子どもが産まれるまで知らなかったんですが、↓こういうところだそうです。

「児童館」とは、健全な遊びを通して、子どもの生活の安定と子どもの能力の発達を援助していく拠点施設です。

行ってみると、子ども達が室内でボールや一輪車で遊んだり、漫画を読んだり、パソコンしたり。子どもの城、って感じでしょうか。幼児用の部屋もあって、ちゃんとその年齢に応じたおもちゃとか置いてあります。

子ども達の無法地帯という訳じゃなく、ちゃんと先生がいて、子ども達と一緒に遊んだり、指導したりしてました。

うちの子が通っている保育園と同じ建物の中にも児童館があって、保育園で預かってもらっている時間、保育園の先生や友達と一緒にちょくちょくその児童館へ遊びに行っていると聞いていました。

というわけで、その児童館はうちの息子のいわばホームグラウンド。

児童館に着くなり、とことこと倉庫へ歩いていって、車のおもちゃ(またがって遊ぶタイプ)を指さし、あれを出せと催促します。

で、それにまたがると、一生懸命足で地面を蹴って、前に進み、廊下の端っこにある中二階(屋外)への扉のところで、外に出せと訴えてきます。

遊びのパターンが自分の中で決まっている模様。

外へ出ると、自分の思うとおり、一生懸命遊んでいました。

東京に住んでいると、子ども達が外で安心して遊べる場所が少なく、かわいそうだなぁ。

じゃあ、田舎に引っ越して、とも思うのですが、今度は仕事がなさそうなんですよね。

生活設計って難しいですわ。

2007年2月27日

掃除機大好き!

最近、掃除機にやたら食いつきます。

以前から、僕や妻が掃除機を使っているところを遠くからじーっと観察していたのですが、どうやら虎視眈々と自分で使うチャンスを伺っていたようです。



この後、掃除機を見つけると引っ張り出してはあちこち掃除しようとする感じになっちゃいまして、掃除機を取り上げると大泣き。気むずかしい年頃です。

2007年2月11日

動物園デビュー!

上野動物園に行って来ました。

息子はこれが動物園デビュー。最近はテレビで動物を見かけると食い入るように見ていたので、そろそろかなとタイミングを伺っていました。今日は3連休の中日で、気候もポカポカ陽気。絶好の動物園日和でした。

動物園では、息子は象を食い入るように眺めていました。というか、それ以外の動物には今ひとつの食いつかず。ふれあい広場では山羊に触ってちょっとテンション上がってましたが。

今回上野動物園に行って、改めて動物園としての完成度の高さ、気配りに感心してしまいました。

子供が産まれる前に行ったときは気にもとめなかったのですが、例えば、動物の檻の周りの垣根が低くなっていて、かつガラス張りのところもあり、背の低い小さな子供でも十分に動物を眺めることができる設計になっています。

↓これは、象を見つめる妻と息子なんですが、息子の視線からでも象の全身を見ることができてます。

070211_01.jpg

あと、なまけもののところでは、檻の上部に穴が空いていて、ロープが通路の木まで張ってあります。どうやらなまけものの気が向いたときは、檻から出てこの木にやってくることがあるそうなのです。というわけで、檻の周りでは、なまけものが穴に近づく度に出てくるんじゃないかと、子供達がわいわい騒いでいました。僕が見ているときには残念ながら出てきてくれませんでした。

070211_02.jpg

動物園で僕が好きなのはペンギン。水族館でもついつい見入ってしまいます。これまた展示の位置が低くなっていて、ものすごく近くに感じました。

070211_03.jpg

息子もペンギンでテンション上がるかと思いきや、近くにあったペンギンの置物に夢中でした。

070211_04.jpg

もう少し息子が大きくなったら、もっと楽しそう。半年後にまた行ってみようかな。

↓これは帰りに動物園を出たところの公園で撮った桜(たぶん)の写真です。もう咲いてました。暖冬なんですね。

070211_05.jpg

2007年2月 8日

小倉さんにご挨拶


息子が最近ぐんぐん賢くなってます。

家ではいつも、朝は目覚ましテレビを見ていて、今日の占いが終わり、後番組「「とくダネ」のオープニングで小倉さんが「おはようございまーす!」と挨拶する頃に、家を出るようにしています。

その番組と番組の狭間は、わりとばたばたしていて、僕も妻も忙しいのですが、今朝方、ふと息子を見ると、高島彩の「今日も元気にいってらっしゃーい!」の声に反応して、テレビに向かって手を振ってました。

そして、その後、小倉さんが出てきて「おはよーございまーす!」と挨拶をすると、息子も頭をペコリと下げて、「おはよーす」みたいなことを口走っていました。

2007年1月28日

Dancing son

つかまり立ちできるようになった頃から、音楽に合わせて体を動かしていた息子。

保育園でも、イベントのときに音楽がなると体を動かし、先生や園児から「かわいいー」と声をかけられているそうです。

これまで、ダンス中にカメラを向けると、カメラの方が気になってダンスをやめてしまってましたが、このたび撮影に成功したので公開することにします。



曲はジャミロクワイの"Virtual Insanity"です。

このほか、エアロスミスなんかもお気に入り。音楽の好みは僕に似たのかもしれません。

2007年1月21日

公園の遊具で遊ぶ息子

今日もまた公園に行って来ました。

バネで固定されていて、乗って揺らして遊ぶ遊具に乗って、一生懸命身体をシェイクしていました。



夜、NHKスペシャルでGoogleの特集をやっていて(NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃 ~あなたの人生を“検索”が変える~」を見た (でぃべろっぱーず・さいど))、知っていることばかりだったんですが、あらためて映像付きで見ると、Googleってすごいですよ、と思っちゃうわけです。

こうして息子の動画をブログにアップして、家族や親戚、友達に簡単に見てもらえるわけですから。

インターネットが一般に公開されて、まだ10年と少ししか経過していないので、数年後はGoogleという会社もないのかもしれませんが、こうして子供の成長の記録を、自分のPC以外の場所にも保存しておけるというのは、バックアップという意味でも良いことだなぁと思うわけです。

2007年1月17日

ぶどうパンのぶどうを選る息子

明け方、「まんま!」という声とともに目が覚めました。

息子がご飯をほしがっている?

寝ぼけ眼で時計を見ると、まだ5時を少しまわったところ。

「おいおい、ちょっと早すぎるよ」と息子を見ると、まだ寝てました。

寝言だったようです。

一安心して布団に入り、うとうとしかけたところで、またしても「まんま!」の声が。

今度はちゃんと起きてました。寝ている妻や僕にしきりに絡んでは、ぐずる息子。

お腹をすかしたままなのもかわいそうなので、起きて朝ご飯の用意をしてあげることに。

とりあえず、大好きなぶどうロールパンをあげると、難しそうな顔をしてぱくぱく食べ始めました。

食べる様子を見ていると、自分なりのこだわりがあるらしく、ぶどうパンからぶどうだけをつまんで取り出し、選り分けながら食べてます。器用なことできるようになったなぁと、ちょっと関心しちゃいました。

↓そのときの様子をビデオに撮りました。

2007年1月14日

ビスケットを分けてもらえたよ

今日のおやつの時間のこと。

自分用のいすに座りビスケットをほおばっている息子に、顔を近づけて「あーん」と口を開けてみました。

すると、ちょっと考えた後、ビスケットを僕の口に入れてくれました!

それを見ていた妻も真似をして「あーん」とすると、やっぱりビスケットを口に。

いつの間にか「分け与える」ということを覚えてくれたようです。

ただ、分けてくれるときに、ちょっと「うざいなぁ」という表情をしていたのが気になるところですが。


育児関連でもう一つ。

先日、会社の「育児と仕事を両立する会(実際はこんな名前じゃないですが、主旨はこんな感じ)」のランチミーティングに呼ばれました。

働くママ10名ほどに囲まれて、自分の家の育児のこととか、育児休業取得しようとしたときのこととかを語ってきました。

その席上で教えてもらったおもしろブログが「うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~」。

強力な推薦に負けないくらい、おもしろいページです。

ブログ開始当初の三女の年齢が、今の僕の息子と同じくらいで、そのころのエントリを見ていると「あー、あるある」「分かるわー」と共感しつつ、笑ってしまいます。

僕も絵心があったら良いのになぁ。

2007年1月 8日

言葉を真似してます。

息子が徐々に言葉を覚え始めてます。

これまでも「ママ」「まんま(ご飯のこと)」「パパ」程度の言葉はしゃべってました。

今朝は、ご飯を食べさせているときにぐずりだしたので、「どうしたの?」と聞くと、「にゅーにゅー」と言うではありませんか。

なんのことだろうとちょっと考えて、「もしかして牛乳?」と聞いてみると、顔が「そうそう、それそれ」という表情に変わりました。

牛乳を温めて渡すと、嬉しそうにごくごく飲み干しました。

言いたいことが伝わると、満足そうな表情を浮かべるので、こちらも楽しくなります。

そして午後、息子が本棚から本を引っ張り出しているとき、本がまとめてばさばさっと落ちちゃいました。

それを見て、妻が「あーあ」と残念そうな声を出すと、息子も「あーあ」と同じ言葉を発しました。

妻と僕が顔を見合わせて、「今、『あーあ』って真似したね」と嬉しそうな顔をすると、その言葉が楽しい言葉だと勘違いしたのか、それからしばらく「あーあ」を連発。これもまたにこにこ満足そうでした。

もう少ししたらちゃんと会話ができるようになるんですよね。

今のこのもどかしい感じは、少しの間しか味わえないんだなと思うと、それはそれで寂しい気がします。

2007年1月 4日

公園にお散歩

今日から仕事始めなんですが、諸般の事情でお休みをいただくことにしました。

保育園も年始はできるだけ家で面倒を見て欲しいということだったので、僕が息子の面倒を見ることに。

昼下がり、天気が良かったので近所の公園に散歩に行きました。

靴を履かせてスリングから降ろすと、元気よくトコトコと歩き回ります。

公園にいたハトを追いかけては、「あー!」と声を出して威嚇。

公園でハトを追跡

↑そのときの様子です。青い遊具のところに小さく写っているのがハトです。

その後、すべり台を興味深げに眺めていたので、だっこして一緒にすべってあげると嬉しそうにしていました。

もう少し大きくなったら一人で滑れそう。

公園でキャッチボールとかできたら楽しいだろうなぁ、とベタな親子像についあこがれてしまいます。