メイン

「育児 2005」のアーカイブ

2005年12月20日

なめられ太郎

実家から荷物が送られてきました。

ダンボールを開けると、息子用の洋服が2着(息子へのクリスマスプレゼントだそうです)と薩摩揚げに干し椎茸。その中に紛れて、謎のおもちゃが。

パッケージを見ると、「なめても安心なめられ太郎」と書いてあります。

05122001

なめられ太郎というネーミングの通り、かなり舐められそうな形状をしています。

パッケージには、舐めまくっても安心ですとばかりに色々な売り文句が書かれています。

「このなめ心地 ボクにしかわかんない!」

「頭はついついくわえてなめたくなるオッパイの形!」

「全身丸ごとなめ回ししやすい形と柔らかさ」

いやー、強烈ですね。一歩間違えると怪しげな大人のおもちゃですよ。

こんなおもちゃ、さすがにAmazonでも売ってないだろうと検索してみたら、売ってましたよ

Amazon、奥が深いです。

果たしてうちの息子はなめられ太郎をなめるのか!? おって報告します。

2005年12月 3日

みんなのアイドル、ベビーカー購入

妻の母方の叔母さん(ややこしい)が踊りの名取を取りまして、そのお披露目の会があるってことで、妻方の親戚が大勢東京にやって来ました。

仕事の都合でそのお披露目の会に参加できず、今朝方、みなさんが泊まっているホテルへ妻と息子を連れて挨拶に行ってきました。

うちの息子は外面が良いと言いますか、見知らぬおじさんおばさんに囲まれても、人見知りすることなく笑顔で愛想を振りまいていました(まだ生後2ヶ月なので、人見知りしないものという話もありますが)。

80歳になる一番年上の叔母さんの膝に抱かれ、「あーうー」と声を出す息子。それを覗き込むように見守りながら「はぁい」と返事をする大人達。微笑ましい光景でした。

しばし話し込んだ後、水上バスで観光へと向かう皆さんと別れ、僕と妻と息子は錦糸町の「アカチャンホンポ」へ。

息子の体重も増えてきたからそろそろベビーカーが欲しいねという話になり、しばらくネットでレンタルのベビーカーを探したのですが、やはり現物を見ないことには決められず。

ところで、ベビーカーってA型、B型ってあるのご存じですか? え? 常識? 失礼しました。僕は赤ちゃん産まれるまで知りませんでしたよ、そんな分類。知らない方のために簡単に説明すると、赤ちゃんをシートの中で寝かせることができるタイプがA型、赤ちゃんを座らせて移動するのがB型となります。A型は、首のすわらない生後2ヶ月くらいから使うことができる代わりに、本体自体が少々大きくB型に比べて重いという特徴があり、B型は、生後7ヶ月くらいからしか使えない代わりに軽くてたたむとかなりコンパクトになるという特徴があります。

当初のプランは、「A型を5ヶ月ほどレンタルした後、B型を購入」というもの。レンタル料金5ヶ月分が大体10000円~15000円くらいで、B型の料金10000円くらい。

大きいA型はレンタルで良いやと思っていたのですが、実際売り場でモノを見てみるとA型の方がかなりよさげ。売り場のおばちゃんのセールストークの勢いに乗って買っちゃいました。アップリカが出している「ふわっとベッド」シリーズのアカチャンホンポ提携版。買ったその場で使い始め、息子を乗せて買い物を続けましたが、いやー快適でした。息子もご機嫌で乗ってましたし。



それにしてもベビーカーって昔からかなり進化しているんですねぇ。使わないときは片手で折りたたむことができるのですが、この辺のギミックが感動もの。この仕組みを考えた人、偉いです。

これで機動力もちょっとは上がったかと思うので、散歩の範囲も広がることでしょう。

2005年12月 1日

子供とお風呂

最近、早めに家に帰れているので、妻と協力して子供をお風呂に入れてるのですが、SEなんて仕事をしているとどうしても早く帰れない日もあったりします。

そんな日は、妻が一人でお風呂に入れてくれてるのですが、これが大変そう。

お風呂に入れると言ってもベビーバスではなく、大人のお風呂に一緒に入るのでより大変なんですね。子供を脱衣所に寝かせておいて自分がぱぱっと身体を洗って、子供を風呂に連れてきて洗ってあげたら、自分は濡れた髪もそのままにバスローブを羽織って子供に服を着せてあげるわけです。その後はおっぱいをほしがるので、飲ませてあげる、と。いやはや重労働。

これから忘年会シーズンになっちゃいますが、なかなか宴会には参加できなさそうです。

2005年11月28日

よだれ大明神

先日「うんち大王」になった我が息子ですが、今度は「よだれ大明神」になっちゃいました。

横に寝かせて、家事やらパソコンやらをしていたら、息子の方から「くちゃくちゃぴちゃぴちゃ」という音が。

見ると、自らの拳を口に突っ込み、なめ回しているじゃありませんか。

そのせいで口の周りはよだれだらけですよ。

「まったく、しょうがないやつだなぁ」と膝の上に抱いたら、口からよだれがだらーっと僕のズボンの上へ。うひー。

―――――

弁当作り再開してみました。まだまだリハビリ運用中ですけど。

2005年11月20日

うんち大王

先日、うちの息子がうんち大王に変化してました。

最近うんち出てないなーと思ったら、朝からぶりぶりぶりぶり。しかもめっちゃ臭い。お腹に貯まっていたからか分かりませんが、半端ない臭さ。大人顔負け。

それが一日に何度も続くのです。

お尻拭いて、オムツ替えて、ほら気持ちいいねー、と言ってるそばから「ぶりっ」ですからね。

このうんちのケアに、男親は弱いらしく、きちんと育児をこなしているパパでさえ、子供がうんちをしたと思ったら、奥さんに「おーい、うんちしたっぽいんだけどー」と処理を丸投げしちゃうことも多いそうです。

僕も気を付けなければ。

2005年11月19日

息子のアウター購入!

息子の服を買いに池袋東武へ行ってきました。

買いたかったのは、冬場外に出るときに着るコートのようなもの。厚手のカバーオールみたいなやつです。これまで足を踏み入れたことのなかったデパートの子供服売り場デビューを果たしてきました。いやー、すごいですね、子供って。

売り場の一角に、子供連れの家族用の休憩スペースがあって、オムツ替えたり、ミルクあげたりできるようになっているのですが、そこはもう戦場。泣き叫んでいる子供はいるし、飲んでいるジュースをぶちまけちゃう子供はいるし、何故か通路の真ん中に座り込んでいる子供はいるし、パパママはちょっとぐったりしているし。

しかしまあ、子供服って、子供が産まれるまでは「どうせ子供の頃のことなんて覚えてないんだし、買ったって1年とかしか着られないんだから安物を着させておけば良いんだ」なんて思ってたのですが、いざ子供が産まれてみると「今しか着させられないからカワイイのをかってあげないと!」と思考が切り替わるから不思議です。嗚呼、馬鹿親になりそう。というか、なってるし。

売り場でうろうろ悩んだ挙げ句(悩んだのは主に妻)、"Daddy oh Daddy"というブランドの服にしました。このページの青い方の服です。アメカジのブランドらしく、こんな服もありました。ジャンパー風でかっこよかったです。

僕も何かカッコイイ服が欲しいなぁ。

―――――

ついでに僕の「ほぼ日手帳2006」もロフトで購入。色はシルバーにしました。かっこいいっす。