« デスノートが海外でリメイク? | メイン | お食い初め »

ラブソングができるまで

ヒュー・グラント&ドリュー・バリモア共演のラブストーリー「ラブソングができるまで」を観ました。

架空の80年代のポップバンド「ポップ」のボーカルで、今は地方の同窓会を巡業する元スターになりさがったアレックス(ヒュー・グラント)と、売れっ子作家に自分をモデルにした悪女が主役の不倫小説を書かれたソフィーが、ブリトニーを超えるカリスマアーティスト・コーラの楽曲を作るため、互いの傷を癒しつつ、惹かれあっていくというお話。

超オーソドックスなラブストーリーなので、安心して観られます。デートムービーですね。

ER12に鬼看護婦長として出演していた女優さんが、ソフィーのお姉さん役で、かつアレックスの大ファンというコミカルな役柄で出演していて、ERファンの僕としてはそこだけでだいぶ楽しめました。

架空のバンド「ポップ」のPVが冒頭で流れるのですが、これがかなりおもしろいです。チープな映像に、チープなダンス。中途半端なドラマ仕立て。そういや80年代のPVってこんなんだったなと懐かしくなります(リアルタイムで観てたワケじゃないけど)。

あと、カリスマ、コーラのマディソンスクエアガーデンでのライブシーンもおもしろいです。

エロティック・ブッディズムを音楽に取り入れているというコーラは、ステージ中央に巨大な金色の大仏を配置し、開演とともに、その大仏がゆっくりと回転し始めます。そして、背面に開けられた穴から、コーラが登場するという演出。なんじゃそりゃと突っ込みながら笑ってしまいました。

ラブソングができるまで 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-09-07)
売り上げランキング: 4734
おすすめ度の平均: 4.0
4 80年代洋楽好きには、たまらない!
4 メロディと歌詞
3 POPのクリップの愛すべき古臭さ
4 ラブコメの王道☆
2 ラブソングムービー