« つくろう!逆転裁判 | メイン | こましゃくれた表現 »

夜驚症

数日前から続く、長男の夜泣きですが、妻が調べてみたところ「夜驚症(やきょうしょう)」なんてのがあるんですね。

夜驚症(やきょうしょう)とは、睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことである。概ね数分から十数分間症状が続く。夢とは異なり目覚めた時に本人はそのことを覚えていないのが普通である。小学校入学前から小学校低学年の児童に見られる症状であり、高学年以上では稀である。睡眠中枢が未成熟なために起こる症状であると考えられている。

症状としては確かにこれに近い気がします。

まあ、成長と共に自然と良くなるということなので、今の症状が夜驚症だったからといって、何をするわけでもないですけどね。

昨夜はだいぶましな感じだったので、この調子でなくなってくれると良いな。

コメント (2)

AWAWA:

ウチの上の子は3歳ですが、昼寝せずによく遊んだ日に限ってよく夜泣きします。
そんな日は子供向けのリラックス音楽を夜流しっぱなしにしておく(BGM程度)とマシでしたよ。
睡眠中枢が未成熟だからこそ効果あるかな、と思って。

なるほど。リラックス音楽ですか。
うちは夜になるとほとんど無音だからなぁ。
でも、上に書いたような症状はだいぶ改善されてきてます。
やっぱり、生活が微妙に変わったのがストレスになっているみたいです。