« オフィス引越 | メイン | 毛膿炎 »

プレゼン資料に「図」を多様するなかれ

日本人の作るプレゼン資料が、海外の人にうまく伝わらないのはなぜかというお話。

なぜ、日本人のプレゼン資料が海外に伝わらないのか? - 永井孝尚のMM21 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

欧米型のプレゼン資料(又は製品資料やお客様事例等)というと、こんな感じではないでしょうか?
  • 文章をズラズラ書く。絵はない
  • 我々からすると、当たり障りのない文章。当たり前の結論
  • でも、何故かこれでちゃんと意思が伝わるし、相手も動く
一方で、日本人が海外で使うプレゼン資料の典型的な例は、こんな感じではないでしょうか?
  • 図を使い、分かりやすさに心を砕く
  • 非常に時間をかけて凝った内容にする
  • でも、何故か伝わらない。伝わらないから相手も動かない。動かないので目的を達成できない
何故でしょうか?

会社に新人が入ってきたとき、「プレゼン資料は図を使って分かりやすく作るべし」みたいな教えがありましたが、それではダメなんですね。

「図」ってのは便利なんですが、ぱっと見て理解できた「つもり」になれるだけであって、それで物事が100%伝わるかというとそうではないわけです。むしろ10%しか伝わっていないのに、100%伝わった気になってしまうことの方が問題ですね。

文字ばかりのプレゼンは、見た目の派手さに欠けますが、論理的に、シンプルさを心がけて作れば、かなり言いたいことを伝えることができます。

最近では、高橋メソッドと呼ばれる文字の大きく、文字数を絞ってプレゼンする手法が登場したりして、プレゼンに対する方法論も色々と確立されつつあります。

高橋メソッド - Wikipedia
高橋メソッドデモページ

あと、もんたメソッドなんてのもあったりして。

IT系の技術者の間では有名ですが、それ以外ではそれほど知られていないのかもしれません。

もしプレゼンテーションをする機会があったら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント (4)

みつ:

そういえば私が新人の時研修で習ったプレゼン研修では、
・図はあまり使わない
・文章は箇条書きで3行まで
とかどちらかと言えば欧米流で教えられました。
 しかし結局同期はだれも研修の内容を守らず、図やらアニメーションやら使いまくりでしたが・・・ (^^;

詠み人知らず:

いつもこっそり見てるけど、
そのなかでも非常に興味深かった。
以上

omotty:

なるほど!
結構こっちのひと文字ばかりのプレゼンだなと思ってたんだけど、そういうことだったのね、と分かりました。

デザインテンプレートもなしか、すごくシンプルだしね。

どっちかっていうと、彼らはしゃべりに重点を置いているみたいです。書いてある文字は使わないで、別の言葉で説明する。それを要約するとパワポの内容に一致するという感じ。

ひとりだけ、グラフ使いまくりの人がいて、しかも超偉い地位の人だったので、みんながみんなそういう訳ではないと思うけど。

>みつさん
アニメーションは使わない方が良いと言いますよね。
僕もアンチアニメーション派です。

>詠み人知らずさん
おお、見ていただいていたんですね。
気に入っていただいて良かったです。

>omotty
「こっちのひと」って表現がカッコイイネ!
やっぱ文字ばっかりのプレゼンなんだね。
> 彼らはしゃべりに重点を置いているみたいです
そうそう。
僕も最近はこれでいきたいなぁとおもってるんだよね。
やっぱコミュニケーションがないとビデオやテレビ見ているのと変わらないし、ライブ感なくなるしね。