« ジャッキー・チェンの酔拳 | メイン | フジテレビで「探偵ガリレオ」をドラマ化 »

知能ロボット工学すげぇぇぇぇぇ!

爆笑問題のニッポンの教養」で紹介されていた、大阪大学の石黒浩教授が研究する知能ロボット工学。

最新のアンドロイドが紹介されていました。

ロボットと言えば、HONDAが研究するアシモが有名ですが、この石黒教授はアシモのようなロボットではなく、もっと人間に近い、アンドロイドを研究しているのです。

最初に作ったアンドロイドが、↓これ。

怖いですよね。

当時4歳だったご自分の娘さんがモデルのようで、なんで仏頂面をしているかというと、顔の型を取る作業があまりにも辛く、こんな表情になってしまったそうです。

その後、よりリアルな↓こんなアンドロイドを発表。

さらに、自分自身をコピーした↓こんなロボットも作っちゃっています。

すげーなー。

写真よりも動画を見た方が、そのリアルさが分かるはず。でもよーく見ていると逆に気持ち悪くなってくるんですよね。


番組の中では、最新のロボットして CB2(シービーキューブ)というロボットが紹介されていました。外観は5頭身くらいで、髪はなく、まるで赤ちゃんのような印象。動きも赤ちゃんの動きをプログラミングしているそうです。

肌色や青色を眼球で追ったり、体を触られると、それに反応したり。

この手の研究はここまで進んでいるのかと驚きました。

久しぶりにガツンと衝撃をくらった感じです。


<関連リンク>
自分そっくりのコピーロボット開発に世界仰天!石黒浩/Tech総研
石黒浩 - Wikipedia
コラム:等身大“コピーロボット”で存在感の本質を追求する~大阪大学 石黒 浩 教授

はじめてのロボット工学―製作を通じて学ぶ基礎と応用
石黒 浩
オーム社 (2007/01)
売り上げランキング: 86090