« 若手呑み in 水の賦 ビアコート | メイン | ビリーズ・ブートキャンプ »

スポーツ中継後進国ジャパン

僕も前から、日本のスポーツのテレビ中継っていまいちだなぁと思っていたんですが、そんな思いをずばっと的確に書いてくれたコラムがありました。

[スポーツの正しい見方] テレビがスポーツを殺す。 - goo スポーツ:NumberWeb -

アメリカやヨーロッパのスポーツのテレビ中継にくらべて、日本のスポーツのテレビ中継がおそまつなのは、いまにはじまったことではないが、日本のテレビマンたちはなぜアメリカやヨーロッパに勉強に行かないのだろう。それとも、大リーグやゴルフのマスターズやサッカーのワールドカップを見ても、あんなふうに中継したいと考えるテレビマンはいないのだろうか。


なんでも外国の真似をすれば良いというものではないですが、変わり映えのない野球中継やサッカー中継を見ていると、このジャンルには進歩ってものがないのかという気がしてきます。

そりゃね、画面に「ゴールまで何m」とか「この打者のこういう場面での打率はこれ」とか、ITを駆使したおまけ的な要素はどんどん増えてますよ。でもそういうのが増えれば増えるほど、そういう情報を有効に活用しない解説者やスタッフが逆にどんどん古く見えちゃうんですよね。

スポーツ選手に「姫」だの「王子」だの勝手にニックネームをつけて、わーわーきゃーきゃーミーハーな人を煽るだけってのが、最近のスポーツの盛り上げ方になっていて、スポーツ観戦自体の楽しみ方を知っている人はどんどん減っています。

もっと「これは!」と思えるようなスポーツ中継に出会えないもんですかね。

まあ、試合自体がかなり面白ければ、ハンカチ王子とまーくんの甲子園の決勝戦のように、誰もが釘付けになる放送になるんですけどね。