« 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 | メイン | メリットデメリット »

イン・ハー・シューズ

キャメロン・ディアズ主演の映画「イン・ハー・シューズ」を観ました。

ラブコメ系かと思いきや、感動ドラマ系で予想外に楽しめました。

頭が良く弁護士のキャリアウーマンとしてバリバリ働く姉と、魅力的な美貌だけが生きる術となっている妹。毎度問題を起こしては迷惑をかける妹に、姉はとうとう愛想を尽かして大げんかをしてしまいます。行くところがなくなった妹は、遠くフロリダに住む祖母のところへ。そこで老人達に囲まれて生活していくうちに、妹は少しずつ成長していくというお話です。


若手の役者陣も素敵なんですが、老人ホームでの老人達が良い味出しています。

どうやら僕は、老人の演技というかお話に弱いらしいです。

死に花」を観たときもそうだったんですが、老人が何か演技をしていると言うだけで感情移入度が上がってしまうんですね。

「死」が間際に迫っている老人達が、明るく楽しく毎日を生きている姿を見ているだけで、ちょっと涙が出てしまうくらい。

でもって、この映画では、お茶目で素敵な老人達が活躍してくれるので、それだけでお腹いっぱいになってしまいました。

キャストがまた豪華で、妹役のキャメロン・ディアズを筆頭に、姉役にはトニ・コレット(「シックス・センス」のお母さん役)、祖母役にはシャーリー・マクレーン(「アパートの鍵貸します」)と、良い女優を揃えています。

クライマックスのシーンでは、本当に涙がぽろぽろと溢れてしまいました。

「イン・ハー・シューズ」というタイトルから、内容が想像しにくく、なかなか注目されていない映画ですが、「親子」「家族」「絆」といったキーワードに弱い方には、是非ともおすすめしたい一本です。


<公式ページ>
- イン・ハー・シューズ - IN HER SHOES -


イン・ハー・シューズ 
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007/02/16)
売り上げランキング: 982


死に花
死に花
posted with amazlet on 07.05.26
アミューズソフトエンタテインメント (2004/11/12)
売り上げランキング: 46314