« 風邪で寝込む。 | メイン | ゲーリー »

パルプ・フィクション

映画部の鑑賞会で「パルプ・フィクション」を観ました。

高校生の時に初めてこの映画を観てから、ビデオを買い、DVDを買って、観るのはこれで20回目くらいじゃないかなぁ。

ただ、ここ数年間は観ていなくて、久しぶりの鑑賞となりました。

で、その感想なんですが、やっぱイイ! すごくイイ! 最高にイイ! って感じです。

これまでは「クールなギャング映画」って印象だったんですが、30歳を前にして改めてこの映画を観てみて、「クールなギャング映画」であり「グルメ映画」であり「ミュージック映画」であり「コメディ映画」であるんだなぁと。

そういう雑多な要素が、まさしく「パルプ・フィクション」であり、何度観ても見飽きない魅力になっているんだと思います。

「グルメ映画」という点では、この映画、とかくジャンクフードを食べるシーンが多い。

トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンのバーガー話に始まり、サミュエルのカフナバーガーを食べるシーン、そしてそれをスプライトで胃に流し込むところ(このシーンに影響を受けて、マクドではスプライトばかり注文していました)、そしてトラボルタ達がジャック・ラビット・スリムに行ってステーキやシェイクを頼んだり、ブルースの彼女は朝からパイが食べたいと言ってじゃれています。

また、バーガーが美味そうなんだなー。サミュエル・L・ジャクソンはバーガーのCMやるべきだね。

「ミュージック映画」という点は、サントラが馬鹿売れしているので、わざわざ指摘するまでもないのだけれど、素敵な音楽達同様、セリフの音が実に気持ちいい。BGMがなくても、まるで音楽を聴いているかのような気持ちになるんですね。

「コメディ映画」という点。これもまた言わずもがななんですが、観る度に面白いポイントが増えて仕方ないんです。

麻薬でぶっ飛んだユマ・サーマンの胸にアドレナリンの注射を打つときのやりとり。

決死の覚悟でマフィアが潜んでいるかもしれない自宅に戻るブルース・ウィリスが乗っている車がコンパクトなところ(妙に画が可笑しい)。

そんでもって、その取りに行くものが、親父とその友達が「尻の穴」に入れて隠し続けた形見の時計だとか。

いやね、もう挙げだしたらきりがないですよ。

映画好きで未見の人は是非見るべきだし、「タランティーノって『キル・ビル』の人でしょー」って人も見るべき。

とか、こんなことを書いているうちにまた観たくなってきちゃった。

ちなみに、映画部の部長もブログで感想を書いています。


パルプ・フィクション
アミューズソフトエンタテインメント (2003/12/05)
売り上げランキング: 32733

コメント (2)

fuyo:

あれ~!!
パルプ・フィクション見てたんだ。
Taxiと同じ音楽だよね。なんて偶然。
あれかっこいいよね。
すっごく好きなんだー。あの音楽も。
(ていうかパルプ・フィクションが先か・・・。)

でも、昔見たとき、わたしにはちょっと刺激が強すぎました・・・。
のでそれ以来みてない。

あー、あのオープニングのヤツね。
あれかっこいいよねー!

今観ると、意外と楽しめるかもよ。