« 竹原慎二はブタっ鼻 | メイン | ブチからの一言 »

春の夜の語らい

高校の同級生が遊びに来ました。

手みやげが瓶ビールというチョイスがナイス! 缶じゃないところが粋です。

やっぱね、漢(おとこ)は酌み交わしたいわけですよ、酒を。

中華の出前を取って、ビール飲みながら、だらだらと近況報告とかたわいのない話とかをしてました。

見知らぬ人、しかも男なので、息子は人見知りするかと思いきや、ほんの数分で慣れちゃいました。むしろ気に入ったみたいで、おもしろ行動を取っては、しきりにアピールしていました。

案外子どもには好かれるキャラのようで。

途中、嫌がる息子を寝かしつけ、なんだかんだで22時過ぎまでだらだらと喋ってました。

なんかまだしゃべり足りないなーと思いながらも、とりあえずお開き。

気心知れた友達と話が出来るのは良いですね。

無条件に「友達」とか「親友」と人に紹介できる関係を築くのは、色んな人との出会いやつき合いが広がっていくのに対して、年々難しくなっている気がします。

息子が良くなついてくれたので、また近いうちに来てもらお。