« 実家からの贈り物 | メイン | オーシャンズ13の予告編 »

2歳児を家にほったらかしにできる神経

asahi.com:スノボで留守の母、不起訴に 埼玉・和光の2歳死亡火災ツꀀ-ツꀀ社会

上記のような、ちょっと聞くと「えっ?そうなの?」と思ってしまう判決があって、それに対して↓こんなエントリがはてなブックマークに登場していました。

北沢かえるの働けば自由になる日記 - 存在の証明を証明しようと努力#p2#p2#p2

このエントリから、朝日新聞に載っていた部分を転載します。

埼玉県和光市で2歳の長男と暮らしていた母親が出産、育児をはさんで3年ぶりのスノーボードに出かけたのは昨年12月だった。

長男が眠りから目を覚ます前に友人の車に乗り、群馬県に向かった。自宅アパートの台所のドアには鍵を掛け、テーブルに手作りのおにぎりと菓子パン、牛乳とイチゴを残した。

約17時間後、帰宅した母親が目にしたのは焼け落ちる自宅だった。

(中略)

県警は男児を長時間放置したとして捜査を始めた。当初、若い母親の身勝手な行動が死を招いた可能性が強いとみて、刑罰の重い、保護責任者遺棄致死容疑での立件も検討したが、同遺棄容疑で書類送検した。

母親は3年ほど前、両親の反対を押し切り、同い年のとび職の男性と結婚した。しかし、男性は1年前から家を空けた。

「一人で育てる」という気持ちが強かったといい、母親は男児を寝かせた後、自転車で20分かけて駅前の居酒屋に通った。調理のアルバイトで午後10時から明け方4時まで働いた。夜勤を選んだのは深夜の時給が高いのと「昼間子どもと一緒にいたかったから」。誰にも相談しなかったという。

母親が男児を自宅に残して夜通し働いていた半年間、男児はけがをしたこともなく、食事も用意されていた。男児に危険が及ぶという認識が母親には希薄だったなどとして、さいたま地検は27日、刑事責任は問えないと、母親を不起訴(起訴猶予)処分にした。 

朝日新聞3月29日

これで、「はてなブックマーク - 北沢かえるの働けば自由になる日記 - 昼間はいっしょにいたいから」では、育児しづらい社会システムに矛先が向けられていて、なんとなく母親も犠牲者みたいな雰囲気になっている(ように感じます)。

でも、実際に1歳半の子どもを育てている親の視点から見ると、2歳児を家にひとりぼっちにしておける神経はどう考えてもおかしいですよ。

これがもし、「パチンコ屋の前に車を止めて、その中に子どもを置き去りにして、親がパチンコしている間に子どもが熱中症で死亡」だったら、誰も同情なんかしないんじゃなかろうか。僕から見ると、やっていることは同じ。

3年ぶりのスノボとか、育児の疲れから癒されようと、とかそれっぽいこと書いてあるけど、そういう苦労と引き替えに、昼間一緒にいる時間を得てる訳なんだから、我慢するところは我慢しようよ。

だからといって、不起訴処分に対しては、特に言うことはなし。殺したくて(敢えてこの表現を使いますが)殺したわけじゃないので、この母親は刑務所で罪を償う以上の罰を既に受けているはず。

コメント (4)

ちい:

くりす君同様、私にも2歳の子を置いて出る感覚はないよ。
おにぎり置いて夜仕事に…って生活大変だったのでしょうし、
昼間は子供といたいって夜仕事に出ていたのだから
とっても大事にしていたのがわかるからこれ以上責められないけど。

だけど、やっぱり小さな子を置いて出ちゃいけないよ!

最終的に起きた事故が自分の娯楽中だから
この方、他人からも同情されず、
大切な子供を失ってとてもつらい立場に自分を追い込んでしまったね…

アメリカじゃ中学生だって家に一人にしたら罰せられるんだよね。
ま、あの国は日本より色々危険ってのもあるのかもしれないが、
今の日本だって十分何が起こるかわからんからね。。。

一人で育てたいという責任感も度が過ぎると・・・というお話ですよね。
背景には、子育てがしにくい日本社会の現状も関係しているとは思いますが・・・。
でもねぇ、2歳児を家に一人にしておくのはちょっと考えられないですね、やっぱり。

tom:

3歳児ですが家に放置なんてありえません。
(たとえコンビニに買い物に行く、程度としても)

一度出かける直前、マンションのエレベータに先に乗せて妻を待ってたときに手が滑ってドアが閉まって彼が一人で1Fまで降りてしまったことがあります。
エレベータのガラス扉ごしに不安そうにこちらを見上げながら泣き出す顔を思い出すと今でも自責の念に駆られます。
一人ぼっちにしたら、目覚めたときにどんな風に思うんだろうと考えるだけで…

>tomさん

ですよね。

エレベータの一件は大変でしたね。
うちの子も最近ちょろちょろと動き回るので、同じことにならないよう気を付けなければ。