« 小倉さんにご挨拶 | メイン | JETのエアギターコンテスト »

地図上でグラフィカルに世界状況を知る

Worldmapper: The world as you've never seen it before

各国の色々な状況を地図上に反映しているサイトです。

例えば↓HIV患者の数を地図に反映するとこんな感じ。

アフリカがかなり多いですね。


こちらは↓Killed by foodsということで、飢饉で死んだ人の数。

アフリカは意外と少なく、ブラジルや中国などが多いようです。


こちらは↓2002年のGDPだそうです。

オーストラリアが意外と小さいんですね。


地理が苦手だった僕としては、こういうグラフィカルな感じで覚える勉強法があっても良かったなぁと思います。

誰かこれの日本版作ってくれないかな。さつまいもの生産量とか、お茶の生産量だったら、我が郷土鹿児島がかなり大きくなるでしょう。

コメント (2)

taca:

日本版、クリス君のテクニックで作ることは難しいですか?
けっこう需要あると思います。

エクセルのアドオンでもいいし、
独立したソフトでもいいけど。
県別のなんらかのデータをいれると、
そこから県の画像に反映させるというの。
マーケティングにとても役立つと思います。

がんばって作ってほしいなー。

日本地図の色を変えるくらいならできるんですが、形を動的に変えるというのはなかなか難しそうです。。。
確かに実現できたらおもしろいと思うんですけど。