« ピアノを弾く猫 | メイン | 小倉さんにご挨拶 »

ER 10th season

9th seasonまでは、DVD1枚に4話ずつ入っていたのが、10th seasonからは2話ずつになりました。

レンタル版だからでしょうか。

さて、10年目を迎えたER。

9th seasonはかなり波乱のシーズンでしたが、10th seasonは混迷のシーズンとなりました。

主要キャラクターに関わる「死」というカードを3枚も切ってしまい、なんだか重たい内容に。

特に、ロケット・ロマノに関しては、正直うーんという感じです。見た人は分かるのですが、あの扱いはちょっと酷いよなぁと。

全般的に視聴者の顔色をうかがっているようなところがあって、例えば、8th seasonで夫を失ったコーディが血管外科医と仲良くなり出したら、視聴者が反感を覚えたのか、その外科医が家族持ちだったというオチで片づけられたり。シーズンを通じての一貫性がなかったように思えます。

シーズンのラストも、「え? ここで終わるの?」という感じですし。

やはり、ERは8th seasonで終わってしまっていたように思います。

この後、11、12と続き、アメリカでは現在13th seasonが放送中。初期の登場メンバーがほとんどいなくなっている状態で、物語も「医学ドラマ」というよりは、「病院を舞台にした人間関係ドラマ」になりつつあるよう。

ここまで見てきたからには、気になるので見てしまうわけですが、おもしろかったドラマがだんだんとパワーを失っていくのを感じるのはなんとも言えない寂しさがあります。

そう思うと、10年続いてもパワーがなかなか落ちなかった「フレンズ」は、やはり傑作ドラマだったんだなぁ。

<参照>
ER 9th season (くりす流)

ER緊急救命室〈テン〉セット1【DISC1~3】
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/11/03)
売り上げランキング: 16430
ER緊急救命室〈テン〉セット2【DISC4~6】
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/11/03)
売り上げランキング: 18667