« Dancing son | メイン | 指しても後が目立たない魔法のような押しピン »

大人のための「コロコロコミック」

【レポート】次世代ワールドホビーフェアで発表、大人向け『コロコロ』の驚きの内容とは? (1) 大人のための『コロコロ』 (MYCOMジャーナル)

大人のための「コロコロコミック」と言っても、エッチな漫画じゃありません。

僕らが子供の頃読んでいた「コロコロコミック」が、各年代から代表作をいくつかピックアップして収録し、発売されるそうです。

僕的にストライクなのは、vol.5の「1985年・1986年 『つるピカハゲ丸』『ファミコンロッキー』 『がんばれ! キッカーズ』『あまいぞ! 男吾』」からvol.7の「1989年・1990年 『GO! GO! ミニ四ファイター』『爆走! ダッシュクラブ』 『ダッシュ! 四駆郎』」のあたりですね。

「ファミコンロッキー」懐かしいなぁ。

無駄にでかい画面やでかいコントローラでゲームしていたなぁ。

「あまいぞ!男吾」も結構好きでした。

値段は1,000円と高めですが、本誌とコミック2冊が付くのなら、まぁ妥当なところでしょうか。

発売は5月末からだそうで、ちょっと先の話になりますね。

こうなると気になるのが、コロコロの永遠のライバル、ボンボンの動向。

これを機会にそちらも復活しないかな。「プラモ狂四郎」とかもう一回読みたいな。