« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月 アーカイブ

2007年1月31日

飢えたオオカミの群れに迷い込んだ子羊のようだったよ。

昨日、1月30日はWindows Vistaの発売日。

アップグレードするつもりはないものの、実際どんな感じか触ってみたい。そう思っていたら、客先に作業をしに行くことになり、ちょっと早めに着いたので、近くのヨドバシカメラにぶらりと立ち寄ってみました。

パソコンコーナーに歩いていくと、ありました。

Vista搭載パソコンコーナー。

Vista体験コーナーなんてのもある。

これはと思い、近づこうとすると、四方八方から熱烈な視線を感じました。

時刻は夕方16時頃。ちょうど人の出入りが少ない時間帯だったのか、パソコンコーナーにお客はほとんどいなくて、パソコンを説明する獲物をねらって、店員が虎視眈々と獲物を物色していたのでした。

顧客のところでの作業が控えていたこともあり、「ちょっと時間ないので説明結構です」みたいな断りをするのも面倒だったので、結局スルーしてお店を出てしまいました。

画面はチラ見した程度。

今度はもう少し人がいる時間帯に行ってみたいと思います。

2007年1月30日

指しても後が目立たない魔法のような押しピン

その名も「Ninja Pin (ニンジャ・ピン)」です。

070130_01.jpg


目立ちにくい理由はピンの構造にあるそうです。

070130_02.jpg


ピンの形が丸じゃないというのが斬新。

賃貸マンションや新築マンションの人は重宝しそうです。

僕も買ってみることにします。


2007年1月29日

大人のための「コロコロコミック」

【レポート】次世代ワールドホビーフェアで発表、大人向け『コロコロ』の驚きの内容とは? (1) 大人のための『コロコロ』 (MYCOMジャーナル)

大人のための「コロコロコミック」と言っても、エッチな漫画じゃありません。

僕らが子供の頃読んでいた「コロコロコミック」が、各年代から代表作をいくつかピックアップして収録し、発売されるそうです。

僕的にストライクなのは、vol.5の「1985年・1986年 『つるピカハゲ丸』『ファミコンロッキー』 『がんばれ! キッカーズ』『あまいぞ! 男吾』」からvol.7の「1989年・1990年 『GO! GO! ミニ四ファイター』『爆走! ダッシュクラブ』 『ダッシュ! 四駆郎』」のあたりですね。

「ファミコンロッキー」懐かしいなぁ。

無駄にでかい画面やでかいコントローラでゲームしていたなぁ。

「あまいぞ!男吾」も結構好きでした。

値段は1,000円と高めですが、本誌とコミック2冊が付くのなら、まぁ妥当なところでしょうか。

発売は5月末からだそうで、ちょっと先の話になりますね。

こうなると気になるのが、コロコロの永遠のライバル、ボンボンの動向。

これを機会にそちらも復活しないかな。「プラモ狂四郎」とかもう一回読みたいな。

2007年1月28日

Dancing son

つかまり立ちできるようになった頃から、音楽に合わせて体を動かしていた息子。

保育園でも、イベントのときに音楽がなると体を動かし、先生や園児から「かわいいー」と声をかけられているそうです。

これまで、ダンス中にカメラを向けると、カメラの方が気になってダンスをやめてしまってましたが、このたび撮影に成功したので公開することにします。



曲はジャミロクワイの"Virtual Insanity"です。

このほか、エアロスミスなんかもお気に入り。音楽の好みは僕に似たのかもしれません。

2007年1月27日

ヴェルサイユ宮殿を上から見ると from トリビアの種

ヴェルサイユ宮殿の庭園を上から見ると、ミッキーマウスに見えるというトリビア。

↓こういうときGoogleMapsって便利ですね。

ヴェルサイユ宮殿 - Google マップ

ねらってやったとしか思えない作り込みですね。


ついでにMapsネタをもう一つ。

日本銀行を上から見ると「円」の文字に見える。

↓こちらでご確認ください。

日本銀行 - Google マップ

偶然らしいですけどね。

2007年1月26日

キャスターってCMに出ていいの?

そういわれりゃそうですよね。

みのもんたは出まくってますが。

その件について、CSのニュース番組「ASAHI NEWSTAR|朝日ニュースター」で識者が議論している映像です。



最後にみんなが「YouTubeだ」と意見を合わせている点がおもしろいです。

2007年1月25日

にわかに忙しくなってきました

ので、細々と雑多ネタを。


ヤクルト若手2人が結婚!

ヤクルトは23日、川本良平捕手(24)と松井光介投手(28)が結婚したと発表した。

誤解を招く表現はなるべく避けましょう。

また、捕手と投手ってところがみょーな勘違いを生みやすくしてますね。


第65回 手ブレとデジカメの持ち方の関係

画素数が多い方がいいと思ってる人も多いだろうが、1000万画素なんてあると、よけいブレが気になっちゃうので精神衛生上よくないかもしれません。あなおそろしや。

僕も息子誕生と同時に800万画素のデジカメにしてみましたが、確かにブレが気になりますね。

快晴の下で撮るとかなーり良い写真が撮れるだけに、細かいテクニックを覚えて綺麗な写真をいつでも撮れる様にしたいです。


実はまだ行った事がない東京の2006年新名所ランキング



この中で行ったことあるのが「マルチメディアヨドバシAkiba」だけなんて・・・。

しかもそこだけ何度も行ってるし・・・。

なんかちょっと悲しいですね。

「アーバンドック ららぽーと豊洲(キッザニア)」は、息子がもう少し大きくなったら連れて行きたいです。

2007年1月24日

ハケンの品格を見たよ

放送前から気になっていたドラマ「ハケンの品格」をようやく見ました。

今日が第3回目。

なんとなく噂は聞いていたのですが、いやはやすごいドラマです。

篠原涼子演じる派遣社員の大前春子は多数の資格を持つスーパーハケンだそうです。

まあそれは良いんです。どんな資格を持ってようと。

番組オープニングでは重機もあやつってましたから。何でもできちゃうんでしょう。さすが時給3000円のスーパーハケン。

でも、さすがにマグロ解体ショーができるってのはどうなんですかね。

板前が怪我をして、直前で中止の危機に陥ったスーパーのマグロ解体ショーの現場に、長包丁を持って颯爽と現れる大前春子。

いや、それ、スーパーハケンの仕事じゃないでしょ。

ま、突っ込みながら見るドラマだと思ってるんで、別に良いんですけど。

それにしても「ハケンの品格」ってタイトルは秀逸だなぁと思います。


ハケンの品格

↑公式ホームページを見ると、ページ上部に派遣ネットの広告が。

ページには「※番組とサイト内のバナー広告の関連性は一切ございません。」なんて書いてあるし。

どこまでがネタなんでしょ。

2007年1月23日

イタリアの留学生との思い出

イタリア語で乾杯は「チンチン!」と言うそうで。

それで思い出したのが、大学のときの短期留学生とのエピソード。

イタリアからの留学生だった彼と居酒屋で呑むことになり、当時(今でも)あまり外国人慣れしてなかった僕はかなり浮かれていました。

何か話をしようと一生懸命になったのですが、地理音痴の僕のこと、そう簡単には話題がみつかりません。

で、ぱっと思いついたのが、コルポ・グロッソですよ。

そのころ契約していたケーブルテレビで、深夜に放送していたイタリアのお色気番組。

Super! drama TV | ねむれナイト笙・コルポ・グロッソ

彼に、「イタリアと言えば、コルポ・グロッソ知ってるよー!」とものすごくアピールしたんですが、ちょっと残念そうな顔をしていましたよ。

そりゃそうですよ。

日本で言うところの「殿様のフェロモン」や「オトナの絵本」なわけで。

もし仮に僕がイタリアに留学して、向こうの学生から、「日本といえば、殿様のフェロモンだよなー」なんて言われた日には、「いやいや、日本には歴史的遺産もたくさんあって、アニメもかなりレベルで、食べ物もおいしくて、誇れるものはたくさんあるのに、なぜに殿様のフェロモン!?」と、かなり複雑な気持ちになると思うんですよね。

うーん。悪いことをしました。

イタリアといえば、今なら「サッカー」ネタでいけますね。

「おー! イタリアー! デルピエーロ! カテナチオ、カテナチオ!」

こういうノリで行けば良かったなぁとちょっと後悔。 

2007年1月22日

スラムダンク 10日後…

2004年8月に、スラムダンクの作者井上雄彦さんが、廃校になった高校を借り切って、黒板にスラムダンクの10日後の物語を書くというイベントがありました。

その模様は雑誌SWITCHに特集され、DVDにもなり、結構な話題になりました。

僕もSWITCHを買って読んだんですが、全編が載っているわけじゃなく、少々物足りなさも感じていました。

そしたら、↓こんな動画があるじゃないですか。



黒板イベントの絵を再利用して、動画に仕立ててくれたファンの人がいたみたいです。

やっぱスラムダンクは良いですね。

また読みたくなりました。

2007年1月21日

公園の遊具で遊ぶ息子

今日もまた公園に行って来ました。

バネで固定されていて、乗って揺らして遊ぶ遊具に乗って、一生懸命身体をシェイクしていました。



夜、NHKスペシャルでGoogleの特集をやっていて(NHKスペシャル「グーグル革命の衝撃 ~あなたの人生を“検索”が変える~」を見た (でぃべろっぱーず・さいど))、知っていることばかりだったんですが、あらためて映像付きで見ると、Googleってすごいですよ、と思っちゃうわけです。

こうして息子の動画をブログにアップして、家族や親戚、友達に簡単に見てもらえるわけですから。

インターネットが一般に公開されて、まだ10年と少ししか経過していないので、数年後はGoogleという会社もないのかもしれませんが、こうして子供の成長の記録を、自分のPC以外の場所にも保存しておけるというのは、バックアップという意味でも良いことだなぁと思うわけです。

2007年1月20日

青森県民はきっと注目する女子フィギュアスケートの新星

YouTubeより「フィギュアスケート 衝撃の新星あらわる」です。

※音がないと意味が分からないので要注意。


日本の名曲がクラシックの名曲のように聞こえるから不思議。

こういうのありだったら、日本の選手はもっと国産の名曲を使って欲しいなぁと思ったり。

ちなみに、↓流れているのはこのCDの曲みたいです。

21世紀に残したい歌
21世紀に残したい歌
posted with amazlet on 07.01.21
幸田聡子 西脇千花 楠瀬順平 美野春樹 田代耕一郎
コロムビアミュージックエンタテインメント (1999/09/18)
売り上げランキング: 16300

2007年1月19日

続・腰痛

腰痛部とYouTubeって似てるね。

ってことで、整形外科に行ってみました。

ヘルニアを心配していたのですが、レントゲンの結果そうではなかったようです。良かった。

痛みの原因は、悪い姿勢で重たいものを持ったことだそうです。背骨がSの字になっていないといけないのですが、このSの字のカーブが緩いらしく、腹筋を鍛えて背骨への負担を減らすように指導されました。

このとき習った腰痛体操を気が向いたらYouTubeへUPします。

興味深かったのは、電子カルテ。

レントゲンの結果は画像データとして画面に取り込まれ、診断結果の説明のときには、その画像上にタッチペンで色の付いた線を引いてくれました。なんと分かりやすいことか。

Web系のシステムに携わっているので最近はWeb2.0だなんだと浮かれていますが、それ以外のシステムも日進月歩で進化してるんだなぁと実感しました。

2007年1月18日

腰痛

数日前から腰のあたりに「張り」を感じていて、徐々に痛みが出てきました。

くしゃみをするとぴりっとします。

軽いぎっくり腰やヘルニアだったら嫌だなぁ。

「腰痛」をGoogleで検索したら、結構たくさん出てきました。

腰痛 - Google 検索

「腰痛ポータルサイト」って・・・。

YouTubeやGoogleVideoで「腰痛」と検索してもこれといったものが見つからず。

腰痛克服体操とかあると思ったんですけどね。

唯一、腰痛を扱う病院が出てきたんですが、場所がロサンゼルスでした・・・。

お店の雰囲気をビデオにとってYouTubeやGoogleVideoにアップすれば、ぐるなびやホットペッパーとはまた違った集客ができそうだなぁと仕事っぽいことを考えてみました。

2007年1月17日

ぶどうパンのぶどうを選る息子

明け方、「まんま!」という声とともに目が覚めました。

息子がご飯をほしがっている?

寝ぼけ眼で時計を見ると、まだ5時を少しまわったところ。

「おいおい、ちょっと早すぎるよ」と息子を見ると、まだ寝てました。

寝言だったようです。

一安心して布団に入り、うとうとしかけたところで、またしても「まんま!」の声が。

今度はちゃんと起きてました。寝ている妻や僕にしきりに絡んでは、ぐずる息子。

お腹をすかしたままなのもかわいそうなので、起きて朝ご飯の用意をしてあげることに。

とりあえず、大好きなぶどうロールパンをあげると、難しそうな顔をしてぱくぱく食べ始めました。

食べる様子を見ていると、自分なりのこだわりがあるらしく、ぶどうパンからぶどうだけをつまんで取り出し、選り分けながら食べてます。器用なことできるようになったなぁと、ちょっと関心しちゃいました。

↓そのときの様子をビデオに撮りました。

2007年1月16日

無料で配布される漫画雑誌「コミック・ガンボ」

コミック・ガンボ「GUMBO」

ホットペッパーやR25のヒットでフリーペーパー業界が注目されています。

広告を載せることで雑誌価格を0円にしてしまうというコロンブスの卵的手法ですが、この業界にとうとう漫画雑誌が参入してきました。

今朝方、JR田町駅前で配っていたので、もらって読んでみました。

江川達也が「坊ちゃん」を書く、と書いてあったのですが、読んでみると数ページのプロローグだけ。どうやら今春登場するようです。それまで雑誌が続いていれば、ということでしょう。

ラインナップは、4コマあり、麻雀漫画あり、コメディあり、とバラエティに富んでいます。絵柄も割と読みやすい作家が揃っているので、好き嫌い無く読めるのではないでしょうか。

ただ、難点を2つほどあって。

1つは、広い層にアピールするために多種多様なジャンルの漫画をラインナップしているのですが、それがために逆に統一感がなくなってしまっているという点。読んでいて訴えかけられるものがないんですよね、これ。

もう1つは、収支構造という点。広告モデルにしては、雑誌に載っている広告自体がかなり少なく、本当に今後やっていけるのか不安になってしまいます。こんなことは読み手が気にすることじゃないのかもしれませんが、なんとなく先行きが心配ですね。

先の展開が気になる漫画がいくつかあったので、しばらく読んでみることにします。

2007年1月15日

新婦へ贈る父からのメッセージ(ただし他人の)

昨日、会社の同期の結婚式のビデオを編集して、DVDを作りました。

他人の結婚式のDVDを編集したのは、これで3本目。いや、4本目だったかな。

編集は大変な作業ですが、先日新調したNew PC & New 編集ソフトのおかげで、かなーり楽ちんになりました。これからは動画ってことで、どんどん動画コンテンツを作っていかないと。

で、今回のビデオを編集していて思ったんですが、新郎新婦に一言もらうって、あれ、やっぱ良いものですね。撮影するのは大変だけど。今回撮影したのが、これまた会社の同期で、こういうの撮るの上手いんだ。初対面の人のところにビデオ持っていって、「一言くださーい」と言ってナイスコメントを引き出す。

今回のホームランは新婦のお父さん。

たいていの人は、ビデオを向けられ、少し緊張してコメントしがちなんですね。慣れてないので。コメントも用意していない場合が多いし。

ところが、このお父さん、しゃべるしゃべる。しかも情感込めるのが巧いんだ。情感込めるっていっても、湿っぽいんじゃないんだね、これが。四国の方の方言で、ちょっぴり下ネタも交えながら、嫁いでゆく娘に良い言葉を贈ってますよ。

他人のメッセージなのに、繰り返し何回か見ちゃいましたわ。

そういえば、自分の結婚式のときも、同じ同期が撮影してくれていて、お義母さんがものすごく語っていた気がするなぁ。ビデオ編集しようかな(自分のはまだしてない)。

みなさんも、結婚式でビデオを撮影することがありましたら、是非とも出席者から一言ずつもらってください。きっと良いプレゼントになりますよ。

2007年1月14日

ビスケットを分けてもらえたよ

今日のおやつの時間のこと。

自分用のいすに座りビスケットをほおばっている息子に、顔を近づけて「あーん」と口を開けてみました。

すると、ちょっと考えた後、ビスケットを僕の口に入れてくれました!

それを見ていた妻も真似をして「あーん」とすると、やっぱりビスケットを口に。

いつの間にか「分け与える」ということを覚えてくれたようです。

ただ、分けてくれるときに、ちょっと「うざいなぁ」という表情をしていたのが気になるところですが。


育児関連でもう一つ。

先日、会社の「育児と仕事を両立する会(実際はこんな名前じゃないですが、主旨はこんな感じ)」のランチミーティングに呼ばれました。

働くママ10名ほどに囲まれて、自分の家の育児のこととか、育児休業取得しようとしたときのこととかを語ってきました。

その席上で教えてもらったおもしろブログが「うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~」。

強力な推薦に負けないくらい、おもしろいページです。

ブログ開始当初の三女の年齢が、今の僕の息子と同じくらいで、そのころのエントリを見ていると「あー、あるある」「分かるわー」と共感しつつ、笑ってしまいます。

僕も絵心があったら良いのになぁ。

2007年1月13日

メガマック

昼食に、マクドナルドの新商品「メガマック」を食べてみました。

ビーフが合計4枚挟まっているこの商品。

思っていたりよ見た目はふつうでしたが、重量はずっしりとありました。

070113_01.jpg


でもって、それを口にほおばるの図。

070113_02.jpg


味はビッグマックとさほど変わらず。ビーフの量が多い分、肉の味がちょっと強い感じでしょうか。

ビッグマック大好き人間の僕としては、今後、ビッグかメガかで迷うことになりそうです。


食べ終わった後、急に眠気が来たので昼寝したんですが、目が覚めると胃がだいぶ重くなってました。

たまにで良いですね、これは。

2007年1月12日

BOSS 憩

久しぶりに缶コーヒーを飲んでみました。

プログラミングに疲れ、会社の自販機で何をにしようかと迷っていると、目に「憩」という文字が飛び込んできました。

癒されたいと思っていたのか分かりませんが、気がつくと購入ボタンを押してました。

で、取り出し口から取り出そうとしてびっくり。

この缶コーヒー、缶の手触りが通常の缶とちょっと違うんです。

なんというか、ちょっとだけザラッとしていて、木っぽいんですね。

パッケージのデザインと合わせて、ハッとさせられました。

サントリー BOSS 憩(いこい) 190g缶 30本入

2007年1月11日

HERO'Sはもう興行をやめて欲しい

昨年の8月に「HERO'S 桜庭戦を見てTBSの酷さを再確認する (くりす流)」というエントリを書きましたが、またしてもHERO'Sの桜庭戦で大問題が発覚しちゃいました。

スポーツナビ | ニュース | 秋山は反則行為で失格、秋山vs桜庭はノーコンテストに=Dynamite!!

大晦日のHERO'Sの試合で全身につるつる滑るクリームを塗り、桜庭選手が技をかけにくくしていたというお話。

この件、試合を見た人が、その異常さに気づき、ネット上で議論が盛り上がって、マスメディアが問題を糾弾して、上記のような会見が開かれた、という流れになっています。

会見で体にクリームを塗っていたことが明らかになりましたが、まだ納得できないことが多数あります。

グローブが正規品ではなかったんじゃないかという疑惑や、グローブの中に何か重しのようなものを入れていたんじゃないかという疑惑、審判を買収していたんじゃないかという疑惑があったり、試合後は「多汗症で汗で滑ったんじゃないでしょうか」とぬけぬけと言っていたのに、会見では「乾燥肌で」とクリームを塗った理由を正当化していたり、とかとか。

PRIDEから引き抜いてきた桜庭選手を愚弄するような真似をして、しゃーしゃーと上記のリンクのような会見を開くわけですから、あきれてものが言えません。

HERO'Sという興行自体、ボビーや曙、金子賢を引きずり込んで、話題性だけのつまらない試合をやっている意味がない大会だと思うので、これを機にもうやめちゃったら良いのになぁと思ってます。

こんな報道があった日に、当の秋山選手は「ダウンタウンDX」に出演していました。タイミング良いのか悪いのか。とりあえず、これでまた2chの格好のネタになってしまうことは確実でしょう。

2007年1月10日

あいのりにも登場した自転車のエスカレータ

今週の「あいのり #343 炎のファイター」で紹介されていたノルウェーの自転車専用エスカレータがGIGAZINEで紹介されていました。

坂道を楽々と登れる自転車用リフト - GIGAZINE

YouTubeでは動画も公開されています。

YouTube - Bicycle Lift in Trondheim, Norway

片足で支えて上っていくようですが、足とかつらないんでしょうか。バランス感覚も必要な気がします。足が固定されたまま転んじゃって、事故とかも起きそうで怖いなぁ。

2007年1月 9日

PS3の映像に見入っちゃいました。

PS3、北米で100万台出荷 昨年末までに-ITニュース:イザ!

昨日、秋葉原のヨドバシカメラに行ってきたときのこと。

ゲーム売り場で思わずPlaystaionTVに見入ってしまいました。

PlaystationTVとは、PS3のゲーム映像をデモとして上映している販促用のテレビのこと。

ハイビジョンで見るPS3の映像はそれはもう綺麗でしたよ。

特に「METAL GEAR SOLID 4」は圧巻。是非ともやりたいゲームです。

あと、気になるのは「ガンダム無双」。名前の通り、PS2のヒットゲーム「戦国無双」のゲームシステムをガンダムの世界観に取り入れたという驚異のゲームです。

ファミ通で画面写真を見ましたが、ザクがわらわらと群れて出てくる画像は圧巻です。

PS3はWiiと比較され、劣勢と言われていますが、今後のソフトの内容次第で十分逆転が可能じゃないかと思ってます(そもそもターゲット層が異なるので比較するのがおかしいという意見もありますが)。

気になるゲームが発売されて、ハイビジョンテレビを買う余裕ができたら、僕もPS3に手を出そうかと思います。

…いつになることやら。

2007年1月 8日

言葉を真似してます。

息子が徐々に言葉を覚え始めてます。

これまでも「ママ」「まんま(ご飯のこと)」「パパ」程度の言葉はしゃべってました。

今朝は、ご飯を食べさせているときにぐずりだしたので、「どうしたの?」と聞くと、「にゅーにゅー」と言うではありませんか。

なんのことだろうとちょっと考えて、「もしかして牛乳?」と聞いてみると、顔が「そうそう、それそれ」という表情に変わりました。

牛乳を温めて渡すと、嬉しそうにごくごく飲み干しました。

言いたいことが伝わると、満足そうな表情を浮かべるので、こちらも楽しくなります。

そして午後、息子が本棚から本を引っ張り出しているとき、本がまとめてばさばさっと落ちちゃいました。

それを見て、妻が「あーあ」と残念そうな声を出すと、息子も「あーあ」と同じ言葉を発しました。

妻と僕が顔を見合わせて、「今、『あーあ』って真似したね」と嬉しそうな顔をすると、その言葉が楽しい言葉だと勘違いしたのか、それからしばらく「あーあ」を連発。これもまたにこにこ満足そうでした。

もう少ししたらちゃんと会話ができるようになるんですよね。

今のこのもどかしい感じは、少しの間しか味わえないんだなと思うと、それはそれで寂しい気がします。

2007年1月 7日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観ました。

ハリー・ポッターシリーズの第4作目。これまでの作品はすべて、妻と一緒に劇場で観てきたのですが、子供が産まれたのでこの作品は劇場に行くことができませんでした。

ハリー・ポッターの熱狂的ファンというわけではなく、これまでのどの作品も見終わった後、「おもしろくなくはなかったけど、それほどのものじゃなかった」なんて感想が毎回出るんですが、続編が発表されるとつい見に行ってしまってます。

本作では、ハリーやロン、ハーマイオニーがかなり大人びていて、それに伴い内容もちょっとオトナなテイストが加わってます。ダンスパーティーに誰を誘おうかとドキドキしたり、自分の意中の人が他の人と仲良くするのを見て嫉妬したり、友人の成功を妬んだり。

CGによる表現も以前よりだいぶ向上しているんですが、昨今のファンタジー系の映画ブームで、なんとなく「見慣れ」ちゃってるんですよね、あの手の映像に。本当は「おお!」「わお!」と驚いたり感動したりするべきシーンで、そういう感情が沸き起こらないんですよね。ま、これは僕が単純に年をとって不感症になっているだけかもしれません。

僕みたいに原作読まずに映画だけ見ている人はまあ楽しめるかもしれませんが、原作の熱烈なファンは「なんであのシーンがカットされているんだ!」「あのキャラはあの役者のイメージじゃない!」と不満に思うことも多そうです。それはそれで楽しみ方の一つなんでしょうけど。

WikiPediaの「ハリー・ポッター - Wikipedia」のページには、ハリー・ポッターにまつわるこぼれ話が載っていて、読んでいると楽しいです。やはり訳にまつわる問題は結構多いんですね。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/12/08)
売り上げランキング: 128

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子
静山社 (2002/10/23)
売り上げランキング: 63398

2007年1月 6日

昔の仲間と新年会

大学時代の劇団の先輩達と新年会を開きました。

場所は「銀座ライム」。以前、大学の後輩夫婦達と会合を開いた場所です。

熱帯魚が泳いでいる水槽が店内にディスプレイされていて、静かな雰囲気で大人な時間がすごせます。

ワインのボトルを2つ空けて、焼酎を2杯ずつ。結構呑みました。

大学時代の懐かしい話や近況報告などなど楽しい時間が過ごせました。

帰りがけに、先輩に二人目のお子さんが誕生したことを聞き、びっくり。女の子だそうです。

うちもそろそろ二人目の計画を立てないと・・・なんてちょっと思っちゃいました。

2007年1月 5日

渋滞学

昨年末から読んでいた本です。

シンプルなタイトルの通り「渋滞」について考察してあります。

目次
第1章 渋滞とは何か
第2章 車の渋滞はなぜ起きるのか
第3章 人の渋滞
第4章 アリの渋滞
第5章 世界は渋滞だらけ
第6章 渋滞学のこれから

渋滞、と聞くとすぐに「車の渋滞」を連想してしまいますが、そこで話を止めずに、人やアリ、そして世の中の色々なものの「渋滞」について考察されているのがおもしろいです。

特に第5章の「世界は渋滞だらけ」が出色の出来だと思います。

インターネットの渋滞や、電車の渋滞、エレベータの渋滞に航空機の渋滞など、普段そんなところに渋滞があるとは思っていないところで発生している事象とその解説が好奇心を刺激してくれます。

そこかしこの書店では、「今売れてます」というポップが立てられていましたが、それも納得です。


渋滞学
渋滞学
posted with amazlet on 07.01.07
西成 活裕
新潮社
売り上げランキング: 3256

2007年1月 4日

公園にお散歩

今日から仕事始めなんですが、諸般の事情でお休みをいただくことにしました。

保育園も年始はできるだけ家で面倒を見て欲しいということだったので、僕が息子の面倒を見ることに。

昼下がり、天気が良かったので近所の公園に散歩に行きました。

靴を履かせてスリングから降ろすと、元気よくトコトコと歩き回ります。

公園にいたハトを追いかけては、「あー!」と声を出して威嚇。

公園でハトを追跡

↑そのときの様子です。青い遊具のところに小さく写っているのがハトです。

その後、すべり台を興味深げに眺めていたので、だっこして一緒にすべってあげると嬉しそうにしていました。

もう少し大きくなったら一人で滑れそう。

公園でキャッチボールとかできたら楽しいだろうなぁ、とベタな親子像についあこがれてしまいます。

2007年1月 3日

New PC!

パソコン買いたい (くりす流)」で、新しいパソコン欲しいと書いていましたが、実は年末にDELLに注文しちゃいました。

で、年明け早々に、新しいPCが家に届いていました。

買ったのは「Dimension 9200」という機種。

今後しばらくお世話になるので、画像/動画処理やVISTAを見越してメモリを4G積んじゃいました。

で、モニタも20インチのワイド液晶に。

これまで使っていた17インチの液晶も併用して、今デュアルディスプレイ環境になってます。画面が広く使えてかなり快適です。

ウィルスソフトも、以前はノートンさんを使っていたんですが、PCの動作が重くなる原因になっているようだったので、これを機にMcAfeeに切り替えました。

ハイスペック&余分なソフトがインストールされていないので、超さくさく動きます。

キーボードが以前に比べて小振りになっているので、少々入力しづらいですが、まぁこれもそのうち慣れるでしょう。

PC買い換えに嫌な顔一つ見せなかった妻に感謝感謝感謝です。

2007年1月 2日

2006年の年末から2007年の正月の雑記

昨年末から奥さんの実家(関西)に帰っていました。

30日の夜は息子をお義母さんに預けて、妻とフランス料理を食べに行ってきました。

ぐるなび - Casual French Restaurant Carillon

当日は予約で一杯だったらしく、夕方行く直前に電話で予約したところ、運良く2人掛けのテーブルが空いていて無事に食べることができました。

カジュアルな雰囲気のお店で、久しぶりにゆっくりと料理を味わうことができました。

31日は終日まったり。テレビを見たり、ごろごろしたり。

夜は、紅白とBase吉本の年越しライブをザッピング。

関西は良いですね、関東では見られないですよ、テレビで吉本の年越しライブなんか見られませんからね。サンテレビサイコーです。

紅白はDJ OZUMAの話題のシーンをしっかりとcheckしました。僕もあれは"生出し"かと思っちゃいましたよ。なんか上半身裸の女性ダンサーばかりが取りだたされていますが、どっちかというと、最後の最後パンツを脱いだときの股間のキノコや、DJ OZUMAの股間の"ちっこいちんこ"の方が問題かと思うのですが、どうでしょうか。あ、ちなみに、僕はああいう下品なことが大好きなので、特に問題だとは思ってないです。

年が明けて、元日。

妻と息子と妻の妹と一緒に、売布神社と清荒神へ初詣に行ってきました。

売布神社では、相武紗季ちゃんを目撃。妻の妹と幼稚園が一緒だったそうです。遠巻きにしか見られませんでしたが、きれいっぽい雰囲気でした。

清荒神は人の大渋滞。といっても、東京の人混みと比べたらたいしたことないのでしょうが、予想以上に人がいてびっくりしました。

屋台でお好み焼きや明石焼き、ベビーカステラを買って食べました。

と、そんなこんなで2日に東京に帰ってきました。

2007年1月 1日

2007年の俺へ。

2007年は飛躍の年としましょう。

新しいことにチャレンジしつつ、今持っている能力が少しずつグレードアップするように。

自分の力を過信することなく、慎重さを忘れずに、一歩ずつ足下を確かめながら。

自らが成長することで、自分の周りの人も成長することができれば素敵ですね。

2007年はそんな年にしましょう。