« 公園で散歩 | メイン | 素敵なお年玉 »

M-1 グランプリ 2006

今年のM-1グランプリはチュートリアルが優勝しました。

「妙なところに食いつく男」ネタで、昨年は「BBQの具」に、そして今年は「冷蔵庫」と「自転車のチリンチリン」に食いついて、見事優勝。

昨年もかなり面白かったのですが、決勝2回戦に進むことはできず。今年は見事リベンジ達成というところではないでしょうか。

笑い飯は残念でした。

麒麟ともども「決勝常連だけど優勝はできない組」みたいな雰囲気が漂いつつあるので、是非とも来年は挽回して欲しいです。

フットボールアワーは何で再出場したんでしょうか。

ネタは悪くなかったですが、出場する必然性が感じられなかったなぁ。決勝戦に残ったって事は、予選での評価が高かったのでしょうけど。

そういえばM-1で優勝したコンビで、テレビで活躍しているのってアンタッチャブルくらいですよね。

優勝しても結局売れない(或いは飽きられちゃう)のかなぁ。

と思ってたんですが、過去の優勝者でますだ・おかだとアンタッチャブル以外はみんな吉本なんですね。

大阪だと番組も出演者も関東と全然違うので、そっちの方で活躍しているのでしょう。

コメント (2)

hiro:

M1って審査員がイマイチな気がする。オール巨人みたいな、漫才をほんとに修行してきた人が、技術みたいなところも見てあげて欲しいなぁ。
常連さんはさすがに笑わせてくれましたね。来年も楽しみです。

しんすけが謹慎処分の時、たしか巨人が審査員じゃなかったっけか。
こないだメントレでやってたけど、しんすけはめちゃめちゃ漫才研究していたらしいから、技術を見る目はあると思うよ。
なんちゃんとか微妙だけどね。
YouTubeには早速チュートリアルの動画がいっぱいアップされているよ。
年末年始はこれで楽しめそうです。