« 「あ・ぶ・な・い」CM | メイン | キル・ビル vol.2 »

赤ちゃんのバケツ漬け

赤ちゃんのバケツ漬けが流行しているようです。



というのは冗談で。

このバケツ、「タミータブ」という赤ちゃん用のお風呂なんですね。

ドイツ生まれの製品で、普通のバスタブとは、以下の点で違いがあるそうです。

・入浴時に赤ちゃんの足がM型になり、通常のベビーバスでの浮いた体勢よりも安定が良い。
・赤ちゃんが肩までゆっくりつかれる姿勢がとれる。(お腹の中にいたときと同じ姿勢だそうです)
・少量のお湯で沐浴させることが可能で経済的。
・ドイツの安全基準TUV、BSI認定商品。

なかなかユニークな製品です。

うちも息子が生まれたときに買おうかどうしようか迷った挙げ句、買わなかったんですが、Amazonでたまたま見つけたので紹介しておきます。

うちでは、僕が早く帰ってきているときは大抵僕がお風呂に入れてます。

まず、息子を一通り洗って、湯船であたためてから、お風呂の外に待機している妻にパス。その後僕が頭や身体を洗うという手順です。

ただ、僕の帰りが遅いときは、妻が一人でお風呂に入れるんですが、これが大変らしく。

最近はつかまり立ちやよちよち歩きができるので、身体を洗っている妻に無理にしがみつこうとして転んでしまうこともあるようです。この「タミータブ」があれば、まずはこの中に入れておいて、自分の身体を洗う、なんてこともできそう(試してないので確実なことは言えませんが)。

2歳半まで使えるので、今からでも買った方が良いのかどうか迷うところです。

Amazonのレビューでは好意的な意見が多かったので、きっと便利なんでしょうが、今までのお風呂の入り方に慣れているうちの息子が、今からこのお風呂を利用して喜んでくれるかどうか。やはり気になったときに買っておいた方が良かったのかなぁ。


コメント (1)

BABY:

とってもカワイイです・・・!!
もっともっと外人の赤ちゃんの写真がほしいデス。