« 深夜特急 | メイン | YouTubeで人気者になったバンド »

「あるある」を科学的に証明?

「電話しようと思っていたら電話がきた」という現象の解明に挑んでいる研究者がいるそうです。

「電話しようと思っていたら電話がきた」現象に挑む科学者 | エキサイトニュース



記事を読むに、ほとんど思いこみによる証拠のねつ造じゃないかと疑ってしまいたくなりますが、確かに「今電話しようと思ってたのに、相手からかかってきた」という経験は結構多くの人があるのではないでしょうか。

ただ、「電話をかけるときはいつも向こうからかかってくるか」と言えばそうじゃないわけで(電話が相手がいて成り立つ時点で、「電話をかけるときはいつも向こうからかかってくる」という論旨は破滅してます)。

おそらく偶然起こった出来事が、あまりに印象深かいため、こういったジンクスというか迷信が生まれたのではないでしょうか。

システム業界で良くあるジンクスは、バグを見つけたと思って人に説明しようとすると、なぜかバグが再現しないというもの。

「あ! バグ(不具合)見つけ!」と勢い込んで、他の人に「見て見て~」と再現させようとすると、なぜかそのときに限ってうまく再現しないんですよね。

「故障したと思って修理を頼んだら、修理の人が来てくれた途端直った」というのもこれに当てはまるかも。

是非ともこの研究が終わったら、次はこの辺りの研究に着手してもらいたいです。