« B'zのアルバムにインスパイアされて作られたパン | メイン | なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか? »

Snakes on a plane

全米興行成績、サミュエル・L・ジャクソン主演パニック映画が首位 --- allcinema ONLINE

世界一稼ぐ俳優ジャクソン、クールに毒蛇と対決 --- イザ!

久しぶりにB級感たっぷりの映画が登場しました。

サミュエル・L・ジャクソン主演の「Snakes on a Plane」です。

飛行中の旅客機内で、乗客の一人である重要証人を暗殺するため大量の毒ヘビが放たれ、満員の乗客たちに逃げ場のない恐怖が襲い掛かる。(allcinema ONLINE より)

乗客の一人を暗殺するために大量の毒蛇が放たれるとは・・・。こっそり毒なり拳銃なりを持ち込んで殺しちゃった方が手っ取り早い気もするんですが、まあそこは突っ込まないのがこの手の映画のお作法でしょう。

早速この映画の情報を手に入れようと検索してみたら、↓こんな画像が見つかりました。

↑良い感じでB級感を醸し出してます。手書きってところが良いですね。あとサミュエルの画像の切り抜きの荒さもB級っぽいです。正式なポスターじゃないのかな。


↑なんかバンドのロゴマークみたいになってます。乗客を狙ってるはずの蛇が思いっきり操縦席を狙っているのが良いですね。


↑これが一番まともなポスターですね。でも良く見てみると、「SAMUEL L. MOTHA FUCKIN' JACKSON」とか書いてますよ・・・。なんか勢いだけはありますって感じですか。


こんなB級っぽい映画なのに、主演のサミュエルは脚本を読んだ段階で即OKしたとか。しかもかなり気に入っていたのか、映画会社があまりにストレートなこの映画のタイトルを変更しようとすると「それなら俺は降りる!」と脅したとか。そこまで彼が入れあげたこの映画、観てみたいです。

コメント (1)

私はあなたのブログが好きです。 あなたは良い仕事をしています。 そのまま続けてください。 ウォークマン s