« JALショッピング powered by Amazon.co.jp | メイン | サッカーの意外な盲点? »

風邪引いて夏を感じた一日

2、3日ほど前から喉が痛くなり、水っぱながずるずる。病院に行って薬をもらってたんですが、今日とうとう熱が出ちゃいました。

昨晩ちょっとだけもどしたりしてたので、大事をとって会社を休むことに。

午前中、クーラーもつけず窓を開けて寝ていたら、セミの声がうるさく聞こえてきて、ぬるい風が入ってきました。快適、というわけではないんですが、この感じ、子供の頃夏休みに遊び疲れて縁側で寝ていた感じに似ているなぁと、思いました。

SEなんて仕事をしていると、一日中クーラーの効いた(むしろ効き過ぎた)部屋にいますから、「夏っぽい」ことを感じることがあまりないんですね。特に今年は雨が降ることが多くて、それでなくても夏らしい日が少ないですから。

昼下がりに起き出して、テレビを付けたらちょうど鹿児島工業の準々決勝の一戦を放送していました。

粘って粘って、延長10回に4番のホームランで勝ち越しだなんて。なかなかドラマチックな試合でした。

これで今年の夏を満喫。花火だ海だと本当は色々と行きたいところ、やりたいことはあるのですが、それは息子がもう少し大きくなってからのお楽しみということにしておきます。