« 出口のない海 | メイン | JALショッピング powered by Amazon.co.jp »

オシムジャパン快勝

オシムジャパンが初の公式戦を勝利でかざることができました。

押し込みながらもなかなか点が取れませんでしたが、観ている側としては不思議と焦りもわかず「これならいつかは入るだろう」と安心して見ていました。

若干足が止まっているようなシーンも見うけられましたが、後半に入って羽生や佐藤が活躍し始めてからはジェフ千葉勢の真骨頂でした。

この短期間でこの成果が出せるのは、オシムがジェフで監督をしていたというのがとても大きいのだと思います。

ジェフの選手はオシムイズムを叩き込まれていますし、その他のチームの選手もジェフ千葉の戦いブリを見て「オシムのサッカーはこういうサッカーか」という共通認識があるわけで。これがあるのとないのとでは大違いなんでしょう。そう思うとジーコ時代には「こういうサッカー」という共通認識がなかったようにも思えます。

それはさておき、鈴木啓太って今あんな髪型しているんですね。オリンピック代表の頃の印象が強かったので、最初誰か分かりませんでしたよ。というか後ろ姿だけだったら、FWの鈴木かと思っちゃいました。

若い世代の長髪を見ていると、あの中で頑張るアレックスがなんとなく「旧ザク」に見えて、思わず頑張れと声援を送ってました。