« 夏の帰省 | メイン | 赤い指 »

サウス・バウンド

帰省する際に持っていった本が、以前に買って読んでいなかった「サウス・バウンド」。

「空中ブランコ」で奥田英朗が直木賞を取った後の受賞第一作です。

元過激派の父親に翻弄される家族の姿を小学六年生の息子の視点から描いた物語です。

都会的な人間関係に悩む東京編の第一部と、都会とは全然違うルールに戸惑いながらも次第になじんでいく沖縄編の第二部の対比が鮮やかでした。

奇しくも、東京から鹿児島にやって来た自分の姿と、東京から沖縄に行った主人公の姿とが、妙にだぶっておもしろかったです。本棚で読まれずにずっと置いておかれてたのは、今日この日に読まれるためだったのかと思うくらいのベストタイミングでした。