« 今日から夏休み | メイン | 子供連れで焼肉 »

オールスター

野球にしろサッカーにしろ、「オールスター」の位置づけが曖昧になってきている気がする。

まずは野球。

新庄が電光メッセージが光るベルトを付けて登場したり、誰かが宇宙人(ピッコロ?)のような特殊メイクをして登場したり。その映像を見ながら、プロ野球OBの解説者は「どんな格好をしても良いけど、本来は『速い球投げるなー』『すごいホームラン打つなー』という技術で魅せるものがオールスターだ」なんてコメントをするわけです。

確かに一昔前はそうだったのかもしれません。

10年ほど前まで僕の住んでいた鹿児島では、プロ野球と言えば巨人戦。他のチームの試合はスポーツニュースのプロ野球ダイジェストで見るくらい。そんな状況だったので、確かに各チームの主力級が集うオールスターは魅力のある試合でした。

ところが、最近は衛星放送やインターネット放送などの放送網が発達し、自分の見たい試合を見られるようになってきました。テレビでのプロ野球観戦が身近になった分、わざわざ主力級を集めての試合(オールスター)の位置づけがぼやけてきた気がします。要はあそこに集う選手達の力量は、普段の試合やニュースでみんな知っているわけで。

そうなると、お祭り的な要素(扮装や派手なプレー)で魅せようとする新庄の方向性は、間違ってはいないと思います。もちろんそればかりでも困りますが。

いっそのこと、セ・パ合同で1チーム作っちゃって、年に1回キューバからチーム呼んで代表戦みたいな事をしたらいいような気がします。

次に、サッカー。

サッカーってオールスターやる意味があるのでしょうか。会社の先輩曰く、Jリーグのオールスターゲームは野球のパクリだそうで。欧州でオールスターなんてイベントをしているところは聞いたことがないというわけです。

確かに。そもそも、日本代表戦が多いサッカーの世界では、代表戦=オールスターと考えても良いわけですよね。W杯があった今年なんて、ちらっとテレビで見ましたが、まるで気の抜けたビールのような試合でした。やはりこの試合でも、DFの中澤がフリーキックを蹴って(そしてそれが決まってた)、ちょっとしたお祭り気分を演出していました。W杯の緊張感溢れる試合に慣れている身としては、見るに耐えない試合だったと思います。

もうサッカーのオールスターは止めちゃって良いんじゃないですかね。それか、日本代表VSJリーグ選抜みたいな試合をして、良い活躍した選手は代表に入るチャンスがある、みたいな形にしたら少しは盛り上がる気がします。