« クチコミサーチ WiPi | メイン | ジャンピング・ハイ »

ブリジット・ジョーンズの日記

会社の先輩から「ブリジット・ジョーンズの日記」のDVDを借りてきました。

前々から気になっていた作品だったのですが、「観たいなぁ~」と思っていた当時はレンタルビデオ店ではほとんどが貸し出し状態で、観ることができませんでした。

で、数年の時を経てようやくの鑑賞となり。

いやー、楽しませていただきやした。

基本がコメディで、しかもイギリス系のちょっとシニカルでブラックな笑いなんで、日本人の男性には今ひとつ受けないかもしれませんが、僕はそっち方面が結構好きなんで、妻と一緒にケラケラ笑いながら観られました。

主人公のブリジットを演じているレニー・ゼルヴィガーが、役作りのためにだいぶ体重を増やしたらしく、見事におでぶちゃんになってました。「ザ・エージェント」で観たときは「チョー可愛いじゃん!」と舞い上がったものですが、役者根性ってすごいですわ。

それにしてもヒュー・グラント、悪い役で出てますわ。超オンナったらし。酷いね、あいつは。「ノッティング・ヒルの恋人」を観て「ヒュー・グラントって素敵!」と思っている全国の婦女子は観ない方が良いかと。