« W杯 日本代表第1戦 | メイン | 沈まぬ太陽 アフリカ編、御巣鷹山編 »

Googleのロゴ

【インタビュー】世界一有名な無名デザイナー? Googleロゴを描いている"あの人"のデザイン観

Googleのページで、ときどきロゴマークが変わっているときに出くわすことがあります。

オリンピック期間中は、Googleのooの部分を吊り輪に見立てたり、有名画家の誕生日にはその画家の作風にあわせたロゴになったり。

「今日は変わったロゴに出会えるかな」と、検索するときのちょっとした楽しみになってます。

このロゴ、Googleの社員の一人が趣味で書いているというのだから驚きです。Googleでの「就業時間の80%は業務にあてて、20%は新しいサービスの研究にあてなければならない」というルールの中の、20%の部分で作っているそうです。

普通、企業のロゴってその会社の顔みたいなものですから、簡単に変えようとか思ったりしないと思うんですけど、そういう既成概念にとらわれることがないってのがGoogleらしいです。

これまでに登場したロゴはこちらから見られます。

個人的には2004年のうるう年のやつとか数学者ガストンジュリア誕生日のやつとか好きです。