« @niftyの新サービス「Webメール2.0」 | メイン | ディック・フランシス「大穴」と「重賞」 »

多くのユーザーは一度に1本しかジュースを買わない - @IT

多くのユーザーは一度に1本しかジュースを買わない - @IT

ユーザインターフェースって難しい割に、ちゃんと設計したりできる人いないんですよねぇ。そういう資格も、情報処理技術者の試験の中にはないですし、現場で重要視されることもあまりありません。

今の会社に入って最初の仕事が画面デザインだったので、この業界はそういう仕事もあるもんだと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

一般公開するサイトはデザイン会社がデザインするし、社内向けのシステムはデザインがあまり重要視されていないし。

デザインといっても、画面をグラフィカルに作り込むみたいな話じゃなくて、このシステムを使うユーザはどんな人か(既存のシステムがあってその操作に慣れている、とか、キーボード操作ばかりでマウスの操作をしない、とかとか)を想定するところから始まり、Enterキー押下で次の画面に進むとか、ショートカットはどんなものを用意するとか機能面のことを考えたり。もちろん、配色も重要なわけで。

どんなに仕組みが素晴らしいシステムでも、操作感が損なわれたらそのシステムは出来損ないの烙印を押されてしまう、というのが僕の持論です。ま、当たり前の話なんですけどね。

リンク先のコラムでは、Eメールの入力欄が2重にあるのは不親切だとか、プルダウンの中身の順番に気を配るとか、そうだよなぁと思うものばかり。参考になります。

コメント (2)

ただの赤()いおじさん:

こりゃおもしろい

が、

たぶんすべてのサイトが改善されることはない。

新しいサイトを作りたい(造りたいでも創りたいでもない)と思う人は、考えずに先人の真似をするだけだから。

システムを設計するときに考えない人が多いから。

そうなんですよねぇ。結局「こういう形を良く見るから」というだけの理由で、何にも考えずに作られていくんですよねぇ。
頑張って、その「先人」になりたいものです。