« 映画「ダ・ヴィンチ・コード」in福岡 | メイン | ドメイン取得しようか検討中 »

陽気なギャングの日常と襲撃

伊坂幸太郎の新作にして、初の続編もの。

福岡への行き帰りで読み終えました。

人の嘘を100%見抜くことが出来る成瀬、人を惹きつける演説が得意な響野、凄腕スリの若者久遠、正確な時間を刻む体内時計を持つ雪子、この4人の銀行強盗が活躍するサスペンスです。

伊坂幸太郎の本全般に言えるのですが、設定やシチュエーションなどは「そんなんありえないよなー」というものばかりなのに、何故かぐいぐい物語に引き込まれてしまいます。今作もまた、登場人物達の愉快で軽妙な掛け合いに乗せられてしまいました。

物語中で出てきた「巨人に昇れば、巨人より遠くが見える」というのは良い言葉だなぁと思います。自分より大きな人の力を借りて成長する、という意味で。