« インターネットに武士道を | メイン | 第三の時効 »

5月5日は

こどもの日! じゃなくて亀田の日、らしいです。

亀田ブラザーズ強かったですね。相手が格下だったってのもあるのでしょうが、事前にあれだけふかしといて、ちゃんと結果が出せるってのはたいしたものです。

亀田弟の歌はいただけませんけどね。あれ歌っているとき、お義母さんが「この人ほんとうのボクサーじゃないんやろ? プロレス的なものなんやんね」と素で言ってましたし。あまり派手なことやりすぎると、試合の方の信憑性がなくなっちゃいますよね。

そしてそして、嬉しいことにPRIDEまで放送されたわけですよ。

熱かったなぁ、藤田。高阪もがんばってたよ。

PRIDEの放送を見て思ったのが、試合前のあおりVTRは、PRIDEが一番センスあるなぁってこと。フジテレビのセンスなんでしょうけど、時間、内容共に良い感じです。その他の局は、時間かけすぎてたり、妙に人情節きかせすぎてたりして、今ひとつぴんとこないんです。まあ好き嫌いなんでしょうけど。

その点でいくと、亀田兄弟は、フジテレビ向きじゃなくて、やっぱりTBSなんですよね。

スタイリッシュとはかけはなれた人情たっぷりの亀田親子、そして短い試合時間をカバーする長めのVTR。

亀田親子は、大阪のチンピラ一家に見えて、実はかなり計算高い頭の良い家族なのかもしれませんね。