« モナリザの謎 | メイン | 国家の品格 »

親子2人でお留守番

妻が友人の結婚式に出席するために、朝6時半から大阪に向けて発ちました。帰ってくるのは深夜0時頃。

今日は僕と息子と2人でお留守番でした。

最近の息子は風邪をひいて下痢と鼻水が出続けていたのですが、元気自体はありあまっている感じで、油断するとすぐにハイハイで移動しちゃうんですよね。

ちょっと前までは、お座りの姿勢をとらしていたら大人しくしていたのですが、お座りからハイハイの姿勢へのスムーズな体重移動を覚えてからは、落ち着くまもなくすぐにハイハイ。

寝っぱなしのときから、部屋の隅にあるテレビのコードや、僕らがはいているスリッパが気になっていたらしく、ちょっと目を離すとコードやスリッパのところへ移動しちゃいます。

おかげで気が休まることなく、オムツをかえ、ご飯を食べさせ、なんてやっていたらもうお昼。

息子をスリングに入れて、谷中銀座までお散歩に行ってきました。

お目当ては、後藤の飴屋で売っているかりんとうと、すずきのメンチカツ、パン屋ATOMの石焼釜ピザ。全部食べ物ですね、これ。どれも美味いんですよ。

ところが、結局買えたのはかりんとうだけ。すずきの前には長蛇の列ができていて、ATOMのピザは僕が行ったときにはまだ焼き上がってませんでした。残念。

すずきの横にインド料理の店が開店していました。店頭でナンやタンドリーチキンやDELIを売っていたので、買おうかと迷ったのですが、息子がちょっとぐずりだしたので止めておきました。

家に帰って、ミルクと薬を飲ませたら眠そうにしていたので、2人でお昼寝。2時頃から夕方5時頃まで寝ちゃいました。

5時過ぎに起きて、またしばらくおもちゃで遊んであげ、隙をみて風呂を磨き、7時頃から離乳食タイム。レトルトのお粥は気に入っているみたいでしたが、レトルトのほうれん草はかなり気に入らないらしく、食べさせるとまずそうな顔。「ほれ、食べな」と口に持っていっても、口を真一文字に結んで「んー!」と言い、受信拒否です。「そんなに嫌がるなら食べなくていいや」と早々に諦めて、2人で風呂へ。

風呂上がりにミルクを飲ませると、もうウトウトモード。そのままそっとベッドへ運んで、一丁上がりです。

0時頃妻が帰ってきてくれて、ようやくほっと一息つけました。

特に何をしたってわけでもないのですが、目が離せない子供の面倒を一人で見るのって、想像していた以上に気を遣うし、神経が疲れるんだなぁと実感しました。

コメント (2)

omt:

トップの写真、かわいいねぇ!ほっぺたが~♪

そろそろお母さんからの免疫が切れたころ?
落ち着くまで、タイヘンだね~。
タイヘンそうだけど、Chrisくんのページみてるとわたしも子供ほしいって思う。

ありがと~
そろそろ免疫切れて体調崩しやすくなってるのよね。目が離せないよ。
omtさんって楽しい母親になりそうだよね。勝手なイメージだけど;