« Googleアラート | メイン | アイフル »

ロハスとは?

最近よく「ロハス」という言葉を耳にします。

自分には関係ないワードとして聞き流していたんですが、小池環境大臣がテレビで口にしていたんで、結構メジャーな言葉なんだと思い、調べてみました。

ロハスとは、「地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称」のことだそうです。(ロハスクラブより)

うーん、なんかよく分からないです。

ロハスを形成するのは、「健康的な暮らし」「自然環境への配慮」「五感を磨く」「古いものと新しいもの」「つながりを意識する」「接続持続可能な経済」の6つのキーワードだとか。

「接続可能な経済」ってのは、英語からの直訳っぽくて意味がうまくつかめませんね。(「持続可能な経済」の間違いでした。ようやく意味が分かりました 2006/4/16)

これまた最近流行の「スローライフ」と似たようなものなんでしょうか。

誰か知っている人いないかなぁ。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ロハスとは?:

» ロハス度チェック 送信元 ロハス(LOHAS)生活
いつもコメント・トラバ・相互リンク・ランキング応援などありがとうございます。 ロハス(LOHAS)生活@ロハスです。 この記事へのトラックバック、コメントなどをお待ちしております。 [詳しくはこちら]

» 田舎暮らし@スローライフ情報局 送信元 田舎暮らし@スローライフ情報局
田舎暮らし関連ブログです。 ご挨拶まで・・・。 [詳しくはこちら]

コメント (5)

みつ:

ロハスってイメージ先行で私もいまいちわからないです。環境問題と自分の欲求のバランスをとる試みなのかなあ。(が、ロハスな暮らしが本当に環境保護か?と思うことあり)

ちなみに「持続可能な経済」ってのは環境問題が国際的に議論され始めた頃からの言葉です。
 要は
「今の資源の使い方じゃ、近い将来資源を使い尽くしてにっちもさっちも行かなくなるから、もっと長期的に繁栄できるように社会を変えましょうよ」と言ってる訳です。
 環境保護派から経済重視派へのメッセージとして作られた言葉なのかな、と思います。

やっぱりロハスって実体を掴みづらい言葉ですよねぇ。
「接続可能な経済」ってのはそういう意味なんですか。なるほど。勉強になります。

「接続」じゃなくて「持続」だったんですね。ようやく納得しました。

ロハスは、健康かつお洒落げに見せたヒッピーだと思っています。。。笑

なるほど、ヒッピーですか。
そういわれるとロハスの説明がそういう風に読めちゃいますね。笑