« 梅田望夫インタビュー「ネットは書籍出版を変えるか」 | メイン | 働きながら育児をすることについて―――その1 »

アブラ星人現る

うちの息子が喃語を話すようになりました。

喃語といっても「ブーブー」とか「ワンワン」とかはっきりしたものではなく、サザエさんのイクラちゃんが喋る「バブー」に近い感じですが。

最近のお気に入りは「ァブラ、ァブラ、ァブラ、ブラ、ブラ、ブラ」というフレーズ。

これが「油、油、油、油」に聞こえて、可笑しいんです。

ちょっと目を離しているときでも、独りで遊びながら「ァブラ、ァブラ、ァブラ」と言っているのが聞こえてくると、かなりなごみます。

普通に喋られるようになる日が待ち遠しいです。

一方で、ハイハイは、未だできず。

四つんばいのポーズから、さらに膝を地面から離して、生まれたての小鹿のように四肢をぷるぷるさせるまではできるのですが、なかなか前に進みません。そのもどかしさもまた、親の楽しみだったりします。