« NINTENDO DS | メイン | 梅田望夫インタビュー「ネットは書籍出版を変えるか」 »

ココログバージョンアップの障害

先日ココログのバージョンアップがありまして、その後、メンテナンス画面のレスポンスが劇的に悪化してます。

22時から0時にかけては、「新規投稿」の画面を開くのに1分近くかかったりして。

さらに、メンテナンスが終わった後、ブログのデザインが崩れるという現象が発生しました。niftyの方でも現象は把握してたみたいなのですが、解決策はすぐに見つからず、いらいらしたのでこれを機にデザイン変更してみました。

2週間ほど前も、日中のメンテナンスが予定時刻を過ぎても終わらず、結局丸1日使えなかったんですよ。

僕もSEの端くれなので、一旦レスポンス低下問題にはまってしまうと、後を引くことは重々承知しているつもりなんですが、この件に関してniftyから何のお詫びもないのが気になります。

全体報知のページで「申し訳ありませんでした」みたいなメッセージはあるんですけどね、そういう「みんなに」対してのメッセージじゃなくて、メールとかあるじゃないですか。

フリーのブログが多い中で、わざわざ「有料版」を全面に出して運営しているわけですから、障害発生時の対応はそれなりのものをつい求めてしまいます。

これって、自分がシステムを作る側に立ったとき、エンドユーザが思っていることなんですよね。

なかなか表示されない投稿画面にいらいらしながら、一歩間違えば自分がこういう気持ちを与える側になるんだなということを肝に銘じることにします。