« KAT-TUNのノリ | メイン | NINTENDO DS »

終末のフール

伊坂幸太郎の新作「終末のフール」を読みました。

「8年後に地球に巨大な隕石が墜ちてきます」とアメリカから発表があってから5年後の、仙台のとあるマンション住民に関する短編集。

終末を告げられた人間達が、まさしく言葉通りの地獄のような状態を抜け、終末に向けてわずかな平穏が訪れたところで起こる悲喜交々の8つの物語です。

ぐっと来たのは「演劇のオール」と「深海のポール」。

「演劇のオール」は、家族を失った倫理子が、同じく家族を失った人たちの「家族のフリ」をするなかで起こる小さな奇跡に、思わずにんまりとさせられます。まるで三谷幸喜のお芝居を観ているかのような気持ちになりました。

「深海のポール」は、短編集のほぼ全編に登場するレンタルビデオ店の店長のお話。といっても、ビデオがどうのこうのという話ではなく、「生きること」について考えさせられる内容。実際、現実に「今から8年後に隕石が墜ちて人間は滅びます」という発表があったとき、自分はどう生きるのか想像せずにはいられませんでした。

現実は、隕石が墜ちることはまずないらしく、墜ちるにしても8年も前に予測することは難しいらしいのですが、「終末」に向かってじわりじわりと近づいているような「気がする」という現代社会の閉塞感を考えると、小説の中の出来事として放っておくということはできません。

この2編は、短編集の最後から2編なのですが、すべての物語の登場人物が微妙にリンクしているので、最初から順番に読まないと、おもしろさが半減してしまうので要注意です。

余談ですが、短編の名前が「終末のフール」「籠城のビール」「演劇のオール」といった具合に「○○の○ール」と韻を踏んでいます。伊坂幸太郎という作家は、こういう細かい部分の遊び心に長けてるんですよね。僕の中ではポップな村上春樹という印象です(村上春樹も十分ポップかもしれませんが)。