« 社説を読んでみる | メイン | FINAL FANTASY XII »

Life Hacks PRESS デジタル世代の「カイゼン」術

昨日記事を紹介したtacaさんから教えてもらった雑誌「Life Hacks PRESS デジタル世代の『カイゼン』術」を買ってきました。

"hack"とは、技術者が自分の仕事を片づけるために作成した小さな個人用のプログラムのこと。その「プログラム」という意味が、生活全般や仕事のやり方についての「自分なりのやり方」という意味まで広がり、それが"lifehacks"と呼ばれるようになったそうです。

Googleのサービスの活用方法や、TODOの管理方法、文房具のうまい使い方等々、実践したら効果ありそうな記事がたくさん載っていて参考になります。勉強会の開催方法についても言及されていて、会社で実践できそうです。

仕事のやり方について、雑誌序文に「ああなるほど」と大いに考えさせられる部分がありました。

「技術者たちは11時間かかる単調な作業を片付けるために、10時間かけてスクリプトを書きます。彼らは反復作業を嫌います。たとえ10時間かかっても、スクリプトを書く方がおもしろいならそうするのです」

分かります。この気持ち。

僕の会社は、SI(システムインテグレータ)の会社で、お客様の会社の業務がよりスムーズにまわるようにシステムを提案して構築していくのですが、最近、社員の技術力不足が深刻になってきているんですよね。これはうちの会社だけではなく、この業界全体のことなのかもしれませんが。

明らかに単調作業で、Excelのマクロを組むなり、JavaやPerl、或いはコマンドプロンプトレベルのプログラムを書けば、仕事は早く終わるし、手作業によるミスも少なくなるし、もし同じ作業を再度やらなければならないときに、かなりの工数削減になるというのに、この「プログラムを作る」或いは「今までのやり方を見直してみる」というプロセスに踏み込む人がかなり少ないです。こういう普段の仕事の方法を変えていくだけでも、技術者不足への一手にはなるのかもしれません。

ここ数年、ものごとのやり方が変化するスピードってものすごく早くなっているので、その流れに取り残されてしまわないように、自己鍛錬を怠らないようにしなければ。

コメント (4)

taca:

すごい本が出たなあー。
負け惜しみでもないのですが、
こういうどの仕事にも共通する
技術をみんなで共有できないかなーと
考えていた矢先でした。

みんな求めている物は同じなんですね。

面白い本ですよね。
求めている内容が上手くまとめられていて良い感じです。
実践せねば。

岡村豊彦:

このページ
Google Adsense がなぜか

品川の豊胸で”脱Aカップ”
豊胸手術の正しい知識

になってるぞ。
Google おそるべし

今見たら、「催眠術のかけかた教えます」になってました。
「なんでこんな広告が!」と思わず笑ってしまうのも、GoogleAdsenseの楽しみ方かもしれませんね。