« 「逃亡者 木島丈一郎」---ガンダムとジムの違い | メイン | ほぼほぼ »

システム業界の安全基準か・・・

@nifty:NEWS@nifty:システム障害に「安全基準」…政府、業界に作成求める(読売新聞)

東証でのみずほの一件でシステム障害が関係していると聞いたとき、もしかして安全基準とか厳しく言い出すんじゃないかなぁと思ったら、やっぱりでちゃいましたね。
システム業界に飛び込んで4年目になりますが、お客さんとお金の感覚が合わないことが多いです。「安全」で「良いもの」を提供したいと思ったら、普通に考えて時間とお金がかかるわけで。そこのところを理解してもらえることはあまりないです。提案のコンペみたいな形になったら、安い金額を出してくるところにまず目がいくみたいですし。
何にせよ、命と大きな金額に関わるシステムには、なるべく関わり合いたくないなぁというのが本音だったりします。

コメント (4)

omt:

おつかれさまです。
安全基準とか言い出すと、余計、人月かかるよね。。
大切だって知ってるんだけど、、安くて良いものを早く欲しいっていうお客さんの希望もわかるけど、人間が作ってる以上、全部の希望を満たすことはデキナイヨね。
出来上がった製品の在庫一掃セールじゃないんだし。

医療もねぇ、人間がやってる以上、限界ってもんがある・・っていう本音はあると思うなぁ。。大声では言いにくいけど~。

>omt
そうだねぇ。
自分たちが欲しいものが明確になっているお客さんほど、その作ろうとしているものの価値が分かるから、値段交渉もやりやすそうだけど、そうでないと「とにかく安く」だったりするからね。
それこそ安くで購入して、大きな不具合が原因で損害が発生したとき、「その機能でその価格はおかしいから疑うべきだった」みたいなことを陰で言われたりするのかも。今回のマンション騒動みたいに。

医療は大変だよね。
命に直結している病気と治療費を天秤にかけざるを得ない状況は結構辛いものがあるよね。

俺も"人命"に関わるシステムは絶対にやりたくない、って思う。。

>しのはらでっす。
「何かあったとき」の責任が大きすぎるよね。。。