« キリストはなぜ12月25日に産まれたのか | メイン | システム業界の安全基準か・・・ »

「逃亡者 木島丈一郎」---ガンダムとジムの違い

「踊る大捜査線」のスピンオフドラマ「逃亡者 木島丈一郎」を見ました。

映画「交渉人 真下正義」に登場したサブキャラを主役に据えた作品で、この映画の中のキャラがあまりにもインパクトが強く、面白かったので、放送を楽しみにしていました。

見た感想は・・・、どうでしょう。なんともいまいち感が拭えないですねぇ。

今回の作品は脚本が君塚良一ではなく、十川誠志。監督も本広克行ではなく、波多野貴文。オリジナルシリーズに登場していたキャラクタは―は真下正義のみ(だったと思います)。なんかタイトルこそ「踊る」シリーズなんですが、よくよく材料を見てみると、全然違うじゃん、みたいな。ガンダムとジムの違いって感じですかね。

個人的に、「踊る」シリーズの醍醐味と言えば、コメディ色にやんわりと覆われた熱い組織論だと思っているので、アクションだったり、友情だったりってのは、正直違うと思うんですよね。

あ、でも、寺島進の演技は最高でした。あのごにょごにょ言ってる感じは、集中力を散らされる要因の多いテレビよりも、集中してがっつり見られるスクリーン向けの演技だとは思いますが。

スピンオフ映画からさらにスピンオフドラマが出てきた「踊る」シリーズ。今後の展開がどうなるか、楽しみです。織田裕二が主役で復帰する可能性はあるのでしょうか・・・。