« 演劇ぶっく | メイン | 歯医者のイメージ »

後ろ向きタクシー

深夜勤務のためタクシーで出社。

そのタクシーの運転手がやけに自信なさげでした。

ぼーっとしていたのか、最初の信号をいきなり信号無視しそうになったり、会社までの道を「○○通りから××通りに抜ける感じで良いでしょうか・・・」とか細い声で聞いてきたり。

そのたびに小さな声で「はぁ」とか「もっと落ち着かないと・・・」とぶつぶつ言ってました。

かと思うと、5つくらい連続で赤信号が続いたときは、「ちっ」と大きく舌打ち。そして、「なんなんだよ・・・」「ついてないなぁ・・・」と一人でぼやいてました。

乗ってるこっちの方が落ち着かなかったです。