« フレンズX | メイン | よだれ大明神 »

「黄金の人生設計」を知る

お金について何も知らんなぁと、27歳になった今改めて思うわけです。

結婚して、子供ができた今、気になってくるのが、保険や家の購入、老後のための貯蓄といったもろもろのこと。これまでの人生でなんとなく避けてきた部分なのです。「まだ関係ないからいいや」と。

これじゃいかんなと思い立って、友人に勧められた本「世界にひとつしかない『黄金の人生設計』」を読んでみました。

いやー、勉強になりました。なるほど、そういう見方があるのかと。特に、「今の家賃なら家を買ってローンを払った方が、後になって家が残る分お得ですよ」というサラリーマンのセールストークの真実に関する部分は目からうろこが落ちました。やはり家の購入は慎重に考えなくては。ヒューザみたいな会社もあることですしねぇ。

あと、年金や保険の仕組みについても詳しく、分かりやすく説明してありました。

サラリーマン、馬鹿にされすぎですね。読んでいて腹が立ってきましたよ。サラリーマン(特に若手)が、こういうのに対して興味がないのを良いことに好き勝手しすぎですね。

これで次の選挙から投票に関する基準ができました。マニフェストも、もっとちゃんと読みます。政治に対してちょっと興味が持てるようになったかもしれません。

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」