« きょぞう | メイン | 息子のアウター購入! »

レイザーラモンHG VS インリン様 & 和泉元彌 VS 鈴木健想

インターネットテレビGyaoで「ハッスルマニア」の試合を無料ノーカットで放送していたので、気になっていた「レイザーラモンHG VS インリン様」と「和泉元彌 VS 鈴木健想」の試合を見てみました。

ハッスルが日本版WWEだとは聞いていたのですが、なんとも微妙ですね。試合前の前ふりみたいなところで、演技してたりするんですがちょっとチープ過ぎるような気が・・・。

「HG VS インリン」は、実際は小川とかを交えた3対3のタッグマッチで、ハッスル軍(小川の方)の解散がかかっているという大変な試合。まあ、こういう前ふりがついた時点でハッスル軍勝利ってのが分かってしまうのですけどね。

試合ではHGが予想以上にプロレスできるんでびっくりしました。相手の首を足でカニばさみにして股間を動かし(これが攻撃になっている)、さらに身体をひねって相手をマットに叩きつける大技を繰り出してました。のってますねー、この男。

あとインリンのエロさ。衣装も露出度高め。試合後半では下尻出てましたよ。良いなぁ、インリン。声も張っていて、技を出すときに「イクワヨー!」とか「ナメナイデヨ!」とかハイトーンの台詞が、なんだか格闘ゲームの決め台詞みたいで良かったです。

「和泉元彌 VS 鈴木健想」は、前ふりがめちゃめちゃ長かったです(そう感じただけで実際はそうでもなかったかもしれませんけど)。和泉元彌のお母さんが結構フィーチャーされていて、やたらと「ダブるブッキングではありません」の台詞を吐いていたのがおかしかったですね。

一方の健想の奥さんは、これはバリバリのWWEって感じで、煽りが上手い上手い。「世界のエンターテナーが、なんでしろーとと試合しなきゃいけないんですかー!」とか言って怒ってるんだもんなー。

試合は、これまたいかにもWWEのプロレスって感じ。

健想が序盤で元彌をぼこぼこにして、そこに和泉軍の助っ人が2人割って入って、健想の奥さんも入ってきて、なんかごちゃごちゃして良くわからんなーってなったときに、奥さんの忍者パウダーが健想に炸裂! あ、忍者パウダーってのは、白い粉みたいなやつで、かけられると目が見えなくなるらしいです。で、目が見えない健想に元彌が「ここだ! ここにいるぞ!」と声をかけて、健想がそっちの方にアタックを仕掛けたら、自分の奥さんを吹っ飛ばしてしまって、自分では元彌を倒したと思っているので「やったー!」と雄叫びをあげて、目を開けてみてみたら自分の奥さんが倒れている、と。「なんてこったー!」って顔をしたところで、解説者の「あー、今気づきましたねー」という間の抜けたツッコミが入って。その傷心の健想に元彌が飛びかかって、3回くらい叩いて、あ、チョップだ、「空中元彌チョップ」ってやつだ、そんなやつを食らわして、片エビ固めでフォールして勝ってました。

うーん。「めざましテレビ」とかで、最後のチョップ→フォールの部分だけを放送していたらしく、そこだけ見たら「うわー、しょぼいなー」って思うかも知れないけれど、試合全体を通してみたら、意外と見られるものにはなっていたと思います。あくまでWWE的なものとして、ですけど。

最初、元彌プロレス参入と聞いたときは「何考えてるんだろう」と思いましたが、あの狂言の言い回しとか、発声量とか、母親のキャラとかってのはWWE的なプロレスに向いているのかもしれません。良いところに目を付けましたね、ハッスルは。

そのうちライブドアの堀江社長とか引っ張り出してくるんじゃないでしょうか。あの社長も誘われたらほいほい出てきそうですし。

Gyaoでこのハッスルマニアの放送が見られるのは1月15日までみたいなので、興味がある方はお早めに。